台風直撃前に必読!米のハリケーン災害から学ぶ「台風対策」まとめ

WooRis / 2014年7月10日 11時45分

写真

早くも台風が猛威をふるう季節になりました。「たかが台風」と油断せず、いざという時のために準備をしておきませんか? ニューヨーク在住の筆者も、台風について以前はそれほど重大に捉えていませんでしたが、2012年にアメリカに甚大な被害をもたらしたハリケーン“サンディ”を体験して以来、考え方が変わりました。

そこで今回は、そのときの筆者の体験を教訓に、台風直撃に備えて知っておくべき“台風対策”を、まとめてお伝えしますね。

■後悔先に立たず

筆者の住むニューヨーク・ロングアイランドも、ハリケーン“サンディ”の被害をうけました。さいわい、筆者の自宅は丘の上なので、浸水などの被害はありませんでしたが、それでも庭のフェンスは吹き飛び、停電は10日にもおよびました。

日頃、ある程度は災害に備えていたつもりでしたが、実際にその状況の中に放り込まれてみると「あぁ、こうしておけばよかった、あれを買っておくべきだった」など、いろいろなことに気がつきます。たかが台風……と軽く考えていたのがいけなかったんですね。

■具体的な対策法6つ

では、具体的にどういった対策があるのでしょうか? まずは一般的なものをご紹介しますね。

(1)庭で倒れそうなもの、風で飛びそうなものを固定する、窓にテーピングをした上で雨戸を閉める。

(2)電池の買い置きや、懐中電灯、ランタンなどを用意しておく。また、キャンドルやライターも買い置きしておくと便利。

(3)日頃から、残ったご飯は冷凍しておく。

(4)飲み水や、レトルト食品、缶のものを買い置きしておく。

(5)台風がくると分かったら、冷凍庫で氷をたくさん作っておき、保冷剤も凍らせておく。大きめのクーラーボックスも用意しておくとベター。

(6)使い捨てのお皿や割り箸、スプーンやフォークも用意しておく。

■あると助かるグッズ5つ

それでは、筆者が後で後悔した「買っておけばよかった!」と思ったグッズを、いくつかご紹介しますね。

(1)太陽光線を使って、スマホやタブレットを充電できるもの。

(2)小型の発電機。

(3)卓上コンロとカートリッジ。

(4)袋を叩くとすぐに冷える保冷剤。

(5)断水や停電で、お風呂やシャワーが使えない時に備えて、乳児用お尻拭き、水やお湯を使わないシャンプーなども、あると便利。

以上、アメリカ在住の筆者がハリケーン“サンディ”の襲来から学んだ台風対策をお伝えしましたが、いかがでしたか?

もし停電になってしまったら、冷蔵庫の開け閉めはできるだけ避けて、痛みやすいものから食べてくださいね。また、道に落ちてしまっている、切れた電線には、絶対に近づかないように! この記事が、少しでもみなさんの参考になりますように願っています。

【関連記事】

※ 天気予報だけじゃダメ!熱中症予防のために見るべき「数値」とは

※ 暑い夏が来る前に!これだけはおさえておきたい「熱中症対策」の基本

※ 梅雨のモヤモヤ気分を撃退!雨の日をとことん楽しむ10のヒント

※ 外だけじゃない!子どもを「室内熱中症」から守る対策まとめ

※ 災害時の食糧危機に備えて!ズボラでもできる自家栽培

WooRis

トピックスRSS

ランキング