主婦は必読!「夫が病気で働けなくなった時」に備えておくべきポイント

WooRis / 2014年8月10日 16時0分

写真

もし、会社勤めをしている夫が病気になり、出社できなくなる状況が発生したら、どうなると思いますか?

風邪や胃腸炎など数日で治る病気でしたら、「有休でしょ!」と思われる方は多いかと思いますが、重篤な病気となり長期に休むことになったら、一体どうなってしまうのでしょうか。また、万一、夫が“障害”を抱える状態になってしまった時の経済的なリスクに備えはありますか?

今回は、社会保険労務士事務所ステラコンサルティング代表の特定社会保険労務士・坂田新悟さんに、“会社勤めの夫が具合悪くなった時”のリスクと対応策についてお話をうかがってきました。

■1:病気がすぐ治りそうな場合

「風邪や盲腸など、比較的すぐに治る病気にかかった場合は、“年次有給休暇”を使うのが一般的でしょう。普段、有休を使わない方で社歴が長い人ですと、2年分(年20日×2年分=40日)を持っているので、仮に病気で休まないといけないことが発生した場合、営業日換算で約2か月程度は有休でなんとかなります」

■2:“約2か月”経っても就労できない場合

「有休がまるまる残っている方は約2か月を有休で過ごし、それでも就労できない事情の場合、会社によっては休職扱いになります。ここからが会社によって大きく違うんです。休職期間は、会社の体力(規模)によって設定されているところが多いですね」

休職制度の有無や休職期間、その間の賃金の取扱いなどは会社によって異なり、就業規則等で定められているものです。ほとんどの中小企業は休職期間中は賃金が無給で、社員としてはその間の生活費を健康保険の“傷病手当金”で賄うことになります。

「そもそも休職制度は、労働基準法に定められているものではないんです。中小零細企業は、休職を定めるような就業規則自体がそもそも存在しないこともあります。私傷病で長期間労務提供できないことが明らかであれば法律上では解雇も可能になります」

休職制度って大切なんですね。ぜひ夫の会社に休職制度があるかどうか確認してみてください。

「社員が働けずに休んでいる間、給与の支払いはなくても在籍しているだけで、会社は“社会保険料の半分を負担している”ことになります。そういう意味で、企業の規模によってはあんまり長い期間を設定するのが会社にとって厳しいんです。休職制度は社員が安心して就労できる環境の1つであって、ある意味“福利厚生”とも言えるんですよね」と、坂田さん。

■3:1年6か月以上病気が続き、傷病手当金の受給が終わってしまった場合

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング