ダメージ肌で後悔する前に!「夏こそ意識したい」スキンケアのポイント4つ

WooRis / 2014年8月8日 21時0分

写真

毎日暑いですね。外に出ると汗が一気に吹き出る一方、室内に入ると冷房でヒンヤリ。こういった環境だと体温調整も難しく、気づかないうちにお肌にダメージを与えているなんてことも多いはず。

そこで今回は、アメリカ女性のライフスタイルを紹介するサイト『AMERIKANKI』の記事を参考に、“夏こそ意識したいスキンケア4つ”をご紹介します。

■1:水分補給はいつもより多めに

大人ニキビに悩まされている方は、原因として水分不足が考えられるといいます。水をたっぷり摂って、体の中に溜まった老廃物を排出することをより意識してみてください。

1日にグラス8杯くらいの水分補給を目安にしましょう。冷房の影響による、お肌の乾燥も防ぐことができます。

■2:紫外線には十分注意して

シミ、シワの原因になる紫外線。当然、長時間の日光を浴びるのは避けるべきです。普段のライフスタイルが、お肌にシワとなってあらわれてしまいます。

紫外線に注意しつつ、フルーツや野菜を沢山摂ってください。また、シワを避けたいなら、喫煙も避けたほうが賢明のようですよ。

■3:カサカサ唇は乾燥のサイン

この時期は、室内外の寒暖差や冷房による乾燥で、お肌だけでなくカサカサ唇にも要注意です。

カサカサ唇は、体の水分不足のサインでもあります。リップクリームなどを塗るとともに、水分補給を積極的に行ってください。

■4:オイリー肌は食べ物に注意

夏の暑い時期、とくにオイリー肌の人は摂取する油に注意してみてください。オイリー肌は遺伝によるところもありますが、もしかしたら、食べ物で摂取している油が原因になっている可能性もあります。

口にするものだけでなく、普段のお手入れに使用する化粧品などに含まれている油にもこだわってみてください。これらを適切なものに変えるだけでオイリー肌でなくなった、ということも多くあるそうです。

以上、“夏こそ意識したい”肌ケアのポイント4つをお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

露出が増えるこの季節、肌がキレイなだけで、実年齢より若く見えますし、イキイキとした印象を与えられます。美肌美女になって、周囲の視線を一人占めしちゃいましょう。

【関連記事】

※ 普段口にしてるソレも!? 知っておきたい「タバコより体に悪い」6つの食品

※ もう「老けたね」なんて言わせない!加齢スピードをおさえる4つの方法

※ 実は危険!「化粧水スプレー」は肌の乾燥を悪化させる

※ ボロボロ肌は卒業!美肌の味方「塩ヨーグルト」とは

※ 可愛くなったもん勝ち!「美サギ女子」が実践するメイクテク5選

【参考】

※ 9 Signs Your Skin Needs More Care – AMERIKANKI

 【画像】

Monimix

WooRis

トピックスRSS

ランキング