お悩み別に紹介!女性特有の「あのニオイ」を解消するハーブ3種

WooRis / 2014年8月20日 11時45分

写真

「急に体臭がキツくなった」と感じたら、更年期のはじまりかも! 

出産経験のない女性は、更年期が早くくるといわれています。身の回りを清潔にしていても、30歳後半にもなれば、加齢臭やワキガ臭、胸元などから体臭が出はじめます。体臭は放っておくと年々きつくなりますので、早めに解決法を見つけられるといいですよね。

そこで今回は、ハーバルセラピストである筆者が、『ハーブスパイス館』(小学館)を参考に、“女性独特のニオイを解消するハーブ”を3つご紹介します。

■1:とにかく体臭を消したいときはパセリ

自分の体臭が気になるときや、疲れからくるニオイに敏感なときは、お風呂で体を洗ったあとに、パセリの葉を束にしたものを体にすり込むようにします。その後、シャワーで洗い流せばOK。そのまま使用するのに抵抗がある人は、パセリをガーゼに包んで使用してみてください。

■2:生理時の体臭にはクローブ

生理のときは、ホルモンの関係で女性独特の体臭と口臭が強くなります。そんなときは、クローブが効果的。噛み砕いたりせずに口に含んでおくだけで口臭が解消されます。

■3:ワキの下の汗のニオイにはミント

ワキの下のニオイは、汗に含まれる脂肪酸の酸化・分解が原因でおこります。そんなときは、ミントのハーブローションでワキの下をふき取ればすっきり! 効果は数時間なので、こまめにふき取ることが大事です。

ローションの作り方は簡単で、鍋にミントの葉っぱと水をひたひたに入れます。鍋を火にかけて沸騰寸前になったら火を止めてそのまま冷やします。その液とリンゴ酢を1:1の割合で混ぜれば完成です。ガーゼやコットンなどに浸して使います。

以上、“女性独特のニオイを解消するハーブ”を3つご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 蒸し暑い真夏は汗のニオイとともに体臭もキツくなる時期です。ハーブを上手につかって体臭とおさらばしましょう!

【関連記事】

※ 臭いの原因はココ!「香り美人」になるための重点ケアポイント2つ

※ 私のカラダにおってる?体臭を悪化させる危険な食品6種

※ これやるからクサくなる!梅雨どきに絶対避けたい「洗濯のNG行為」3つ

※ 身近な食材で気になる「体臭」を撃退する裏技メニュー3個

※ 実は肌に優しくない?「重曹活用法」常識の落とし穴4つ

   

【参考】

※ 『ハーブスパイス館』(2000、小学館)

WooRis

トピックスRSS

ランキング