夫婦げんかは短命のもと!「夫婦円満で長生きするコツ」5つ

WooRis / 2014年8月22日 5時45分

写真

結婚しているみなさんなら、もちろん夫婦げんかの経験がおありですよね? もし結婚していなくても、やはりパートナーとのケンカはあるはずです。一緒に住んでいれば、ケンカをしても当然ですが、なにかモヤモヤが残ったりして後味が悪いですよね? 

そして、そういったケンカが、あなたや旦那さま、またはパートナーの命を縮めているのかもしれないということをご存じですか? 

そこで今回は、英語圏の情報サイト『SELF』を参考にして、夫婦げんかが命を縮めるということ、そしてどうしたら仲良く暮らすことができるのかという夫婦円満のコツをお伝えしますね。

■夫婦げんかは短命のもと!

『Journal of Epidemiology and Community Health』誌の掲載レポートによると、デンマークで行われた調査で、家庭内で問題を抱えている人は、そうでない人よりも病気になりやすいという結果が出たそうです。

10,000人のカップルのうち、家庭内に問題を持った人たちは、調査を始めてから11年後の死亡リスクが高く、または死に至る危険性のある病気に冒されるリスクが高かったそうです。

とくに、子どもやパートナーのことで問題を抱えている人たちの死亡率は、そうでない人たちに比べて50〜100%も高いそうです。

■仲良く長生きするコツ5つ

では、どうしたら仲良く、一緒に長生きできるのでしょうか? 仲良し夫婦が実行しているコツを、お伝えしますね。

(1)あえてアブナいことにトライする!・・・たまには夫婦で、なにか危険なこと……例えば一緒にスカイダイビングやロッククライミングなどをやってみてください。こういった行為はアドレナリンを増やし、その結果トーパミンやノルエピネフリンなどのホルモンを促進するので、お互いを結びつけることに役立つそうです。

(2)互いの内面生活を知る・・・ミシガン大学の調査によると、仲の良いカップルの98%は、相手の内面生活をよく知っていると回答しています。たまにはお金の話は置いといて、お互いの夢のバケーションや、互いの良い面に関して、話し合ってみてはいかがでしょうか?

(3)一緒に笑おうよ!・・・ウエイン州立大学の調査によると、一緒にたくさん笑うカップルは、良い関係を長く保っているという結果が出ています。例えば、日常のチョットしたヘマを、ごまかさないで笑いにしてしまう、一緒にテレビのコメディーを見る、なんていうことから始めてみてくださいね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング