放置すれば汚部屋まっしぐら!? 部屋の片付けで「まっさきに捨てるべきもの」7つ

WooRis / 2014年8月22日 17時0分

写真

「片付けたい!」と奮い立っても、イザ、部屋を見渡した途端に「さて、何から手をつければいいんだろう……」と、呆然としたことはありませんか? 片付け上手な人と片付けベタな人の視点は、どこが違うのでしょうか。

「何かを捨てたいけれど、どこから手をつけたらいいのかわからない!」となってしまうと、せっかくの片付け意欲もあっという間に削がれてしまいますよね。

そこで今回の記事では、片付け上手な人がちゃんと手を抜かずに整理しているものとは何なのか、海外サイト『FamilyCircle』の記事を参考にして、片付けたいアナタに贈るとっておきの“捨てるものリスト”をご紹介しましょう。

■1:マグカップ類

食器棚の中をあけてみてください。そこにはたくさんのマグカップ類が眠っていませんか?

何かのおまけでもらったマグカップや、昔の恋人とペアで買ったカップなど、今使っていないものはありませんか?

カップ類はたくさんあっても使うものが限られてしまう上に、収納スペースをとってしまうものなので、今すぐチェックして使っていないものは捨てるかバザーに出してしまいましょう。

■2:スパイス類

料理好きなあなたなら、棚の中にたくさんのスパイスが眠っているかもしれません。

ある料理に使うためにどうしても必要で買ったけれど、それから1度も使用していないようなスパイスは、今後使用する場面が思い浮かばなければ処分してしまってOKです。

また、スパイスは賞味期限内であっても、開封してからの保存状態によっては劣化している可能性もありますので、いつ開封したものなのかも記録しておくように心がけましょう。

■3:雑誌

何ヶ月も触っていない雑誌はありませんか? 2ヶ月以上放置していた雑誌は迷わずに処分してしまいましょう。

捨てる前にもう一度パラパラとチェックして、興味のあるページはスクラップしてもいいですね。筆者の場合は、捨てる前にパラパラと見て、関心があるページはスマホで写真に残しておくようにしています。

■4:手紙・ハガキなどの郵便物

手紙が山のように溜まってはいませんか? 住所を記録するためだけにとってある封筒や、いつか使うかもととっておいたクーポンのハガキなど、今使わないもの、使う予定のないものは処分するのが正解です。

返信が必要なものは、積まずに24時間以内で処理をするよう、日頃から心がけておきましょう。

■5:洋服

“1年着なかった服は捨ててよし”という通説もありますが、どうしても踏ん切りがつかない人は“2年着なかった洋服は今後も着ない可能性が高い”と言い聞かせ、思い切って捨ててしまいましょう!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング