成功のカギはコレ!年齢に負けない「脂肪スッキリ」ダイエット法とは

WooRis / 2014年8月5日 11時0分

写真

女性も30代をすぎると、ダイエットが難しくなりますよね? 若い頃ならすぐに落ちたはずの余計なダブダブお肉が、いつになってもなくならない……という悩みをお持ちの方が増えるのが30代からです。

では、なぜそんなに難しくなるのでしょうか? そして、どうしたらダイエットが成功するのでしょうか? そこで今回は、アラサーからのダイエットについて、その成功のカギをお伝えしますね。

■30代をすぎるとダイエットが難しくなるわけ

私たちの体は、加齢とともに新陳代謝が低くなってしまいます。老化……といえばそれまでですが、これにはいくつかの理由があります。

人間の体は、年齢が上がるとともに、筋肉が減っていき、それによって新陳代謝能力が下がってしまうのです。

アメリカで行われた調査によると、代謝能力は10年ごとに約5%ずつ下がっていくそうです。ホルモンの変化などもあいまって、30代以降になると体重を落とすのがどんどん難しくなってしまうわけですね。

■アラサーからのダイエット

では、具体的に、どういったダイエット方があるのでしょうか? 重要なカギをいくつか、ご紹介しますね。

(1)運動すべし!・・・食べたカロリーを、使い切ることはダイエットの基本中の基本です。特に、歩く、ジョギングする、エアロビクス、水泳などは、いくつになっても効果的ですよ。

(2)極端なダイエットはデブのもと!・・・極端なダイエットで、1日に900カロリー以下しか食べないと、脂肪どころか、脂肪を燃やしてくれる筋肉までが減ってしまい、逆効果になるそうです!

(3)食べ方と、食べるものにご注意!・・・アラサーになったら、炭水化物の摂取量を、1日に30グラム以下にしましょう。また、筋肉の減少を防ぐためには、良質のタンパク質をとるように心がけましょうね。

(4)食事の量を減らそう・・・アラサーになったら、今までよりも1回に食べる量を減らしましょう。ただし、3食キチンと食べることと、ナッツなどのスナックもお忘れなく。

(5)サプリ・・・何をやっても、効果のでない方には、サプリを試してみるテもあります。体に必要な栄養素や成分を補って悩みに対応していくことが重要です。

■体質や症状に合わせた肥満改善薬を

肥満改善薬を摂る上で重要なのが、体質や悩みに合わせた肥満改善薬を選ぶこと。漢方処方をいかした『コッコアポシリーズ』では、女性それぞれの体質や症状に合わせた肥満改善薬を選べるように、ウェブサイトに“マッチングチェックシート”を採用しています。

以下のように、体質変化や自覚症状に合わせて選べる“肥満解消薬”なんですよ。

(1)コッコアポEX・・・おなかの周りの余計な脂肪を減らす。

(2)コッコアポG・・・体のあちこちについた脂肪を減らす。

(3)コッコアポL・・・しまりのない余分な脂肪を減らす。

(4)クラシエ当帰芍薬散・・・手足、顔などのむくみに効く。

ご自身の悩みに合わせて、選んでみるといいですね!

いかがでしたか? 以上がアラサーからのダイエットのカギでした。運動や食事だけじゃ痩せなくなってきたあなた、ぜひ肥満改善薬をプラスしてみてくださいね。30代を過ぎてからのダイエットも、きっと成功するはずですよ! 

【参考】

※ コッコアポシリーズ – クラシエ薬品

WooRis

トピックスRSS

ランキング