なんでいつも既読スルー?「LINEの返事が遅い人」の2つの理由

WooRis / 2014年9月5日 21時0分

写真

最近、良くも悪くもニュースになっているLINE。便利なコミュニケーションツールとして、使っている方も多いと思います。このLINEには、相手が読んだかを確認できる“既読”機能がありますが、既読なのに返事がないと、結構気になってしまいませんか? 

相手がいつ見たのかがわかって便利な反面、「読んだのに、返事がない」と、トラブルのもとになってしまうケースも少なくありません。

でも、生活情報サイト『at home VOX』が、全国の20代から50代の男女500人を対象に行った調査によると、3割以上の人が「“既読”は返事の代わりになる」と捉えているそうなのです。

今回は、この調査結果をもとに、フリーアナウンサーとして日々様々な人達を取材している著者の経験も踏まえ、“LINEの返事が遅くなる2つの理由”についてご紹介しましょう。

■そもそも既読は返事代わりになる?

「LINEの既読は返事の代わりになると思うか」に対する答えを、男女別で見ると、男性は約3割、女性は約4割が「代わりになる」と考えています。

さらに、「デートの誘いに“既読”がついて返事なし。何時間であきらめるか」に対しては、全体の平均が、11時間50分。「半日くらいなら待てる」というわけですね。男性の平均は9時間53分、女性は13時間20分と、男性の方が諦めが早く、女性の方が辛抱強く待てる様子がうかがえます。

人によってそれぞれ違いますが、なぜ、既読なのに、返信が遅くなってしまうのでしょうか?

ここからは、取材で様々な方々に聞いた情報と著者自身の体験も交えて、ご紹介します。

■1:生活リズムと返信ペースが違う

自分と相手の活動時間帯があっていない可能性があります。例えば、自分が昼に仕事をしていると、夜は相手もメールをできると思いがちですが、相手は、夜も時間を拘束されている場合もあります。

また、“帰宅中の電車などが混雑していて、LINEを操作したくない”、“帰宅後は、自分の好きなことに時間を使いたい”など、相手との生活リズムが違うため、ということがありえます。

返信ペースも、人によって様々。受信したら、すぐ返信する人もいれば、ゆっくり時間をかけて、返す人もいます。また、受信を認識しつつも、間をおいて返す人もいます。

特に、送る側が“受信後すぐ返信タイプ”で、送られた側が“のんびり返信タイプ”な場合、送る側は、より一層、遅いと感じてしまうでしょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング