やだわー!年齢に関係なく「オバサン認定」される女性の残念な特徴3つ

WooRis / 2014年9月8日 11時45分

写真

突然ですが、年齢に関係なく“オバサン”に見える仕草や服装があることをご存知でしたか?

老けてみられないようにと、ファッションやメイクに気をつかっているにもかかわらず、周囲の人から「あの人オバサンくさい!」と思われていたら……コレはとてもショックですよね!

そこで今回は、『マイナビウーマン』の「女子が女子をオバサンくさいと思う瞬間5選」と『gooランキング』の「女性がしていたら“オバサンくさい”と感じてしまうファッションへのこだわりランキング」の記事を参考に、年齢に関係なく「あの人、オバサン!」と思われてしまう女性の共通点を3つご紹介します。

“ババガール”認定を避けるためにも、ぜひとも気をつけましょう!

■1:膝丈ストッキングや体型を隠す洋服を愛用

アンケートではスカートのときに膝丈のストッキングを履いている様子がダントツでオバサンくさいファッションだという結果が出ています。

気温が高い時期や湿度の高い季節にはつい、ムレを防止したくて膝丈を履いてしまうという人もいるかもしれませんが、“ババガール”認定されないためには、思い切って生足で出掛けるくらいの潔さが必要かもしれません!

体型をすっぽり隠すような洋服も、見た目に一発でオバサン化を加速させますのでNGです。

ヒールの低い靴は足を太く見せますし、ふくらはぎへの緊張がないので実際に足がどんどん太くなる要因になることも。できれば1週間に何回かは高めのヒール靴を履いておきたいですね。

■2:大声で会話する

お友達と一緒のときなど、楽しくてついつい大声で会話をしていませんか? 大声での会話は内容も丸聞こえですし、何よりもエレガントに見えません。

カフェや電車など公共の場では大声で話すのはやめるように気をつけないと、オバサン認定されてしまいますよ! お酒の席でもついつい声が大きくなってしまいがちですので、要注意です。

■3:体調不良や病気を自慢する

年齢を重ねると、どうしても体調が思わしくなかったり、病気になってしまったりということも少なくありません。

でも、会う度に「○○が痛くて……」「更年期障害かしら」なんて言われていたら、話を聞くほうも疲れてしまいますよね。

体調や病気の話はスマートに話してサラッと経験談として受け止めてもらえるように、会う度に何度も同じ話をしたり、体調の経過報告ばかりしたりして、「オバサンぽいなぁ……」と思われないように、気をつけましょうね!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング