やっちまっても大丈夫!二日酔いを乗り切る「秘密のビューティーテク」

WooRis / 2014年9月5日 16時0分

写真

「もう二度とお酒は飲まない!」とひどい二日酔いの後には、堅く誓うものの、気づけばまた「やっちゃた……」といったお酒の経験、誰でもありますよね?

そこで今回は、アメリカ女性のための情報サイト『AMERIKANKI』の記事を参考に、二日酔いをなんとかごまかすビューティーテクを紹介します。

■お酒を飲んだ後、寝る前にできるだけ多くの水を飲む

「今日はちょっと飲み過ぎたな〜」と思った日は、寝る前に必ずできるだけ多くの水を飲んでください。体の中にあるアルコール濃度を薄め、少しでも体外への排出を早めるためです。これをすると、翌日のアルコールの残り具合が変わってきます。

ひどく酔っぱらってしまった時こそ、こういうことを忘れて寝てしまうこと、多いですよね。気をつけましょう。

■朝起きたらモイスチャークリームをたっぷりとつける

二日酔いで起きた日は、できるだけ肌に潤いを与えるように心がけましょう。まず、朝起きたらモイスチャークリームをたっぷりと塗ってください。

■コンシーラーを巧みに使う

目の下のくまを隠すことができるのでイエロートーンのコンシーラーを使いましょう。あくまでも軽いタッチで使ってください。

■血色良く見せるためにチークを使う

いつもより赤い色のチークを使ってください。そして、チークを塗ったあとに、ファンデーションを。これは、もっとも簡単に二日酔いの肌をごまかす方法です。

■ファンデーションはいつもより軽く

逆にファンデーションは、いつもより軽く明るめのトーンのものにしましょう。使う量もいつもより少なくしましょう。

■目元はパッチリと

目をパッチリと見せるために、マット系のアイシャドーを使いましょう。できればクリームで。最後はビューラーでまつげカールをばっちりと。

■ヘアスタイルはアップが好ましい

髪の毛は後ろで結び、アップに。こうすることで、リフトアップができます。

これで二日酔いをごまかすメイクは完成です。いかがですか? さらには朝家を出る前に、コーヒーを飲む余裕があれば完璧です。

といっても、できれば二日酔いにならないようにしたいですよね。お酒はほどほどに。

【関連記事】

※ 飲みすぎてない?「アルコール性肝障害」は女性のほうが危険

※ 酒好き女子は知っとくべき「肝臓をいたわるお酒の飲み方」5か条

※ 飲み会シーズンに注意したい「お酒+●●」超危険パターン3つ

※ ぬか喜び?「お酒に強くなった」のはオバサン化している証拠かも

※ またやっちゃった…を回避する「女性のお酒トラブル」対策まとめ

【姉妹サイト】

※ 新人はココで差がつく!飲み会幹事で「高評価をゲットする」5つのコツ

※ 好きな男じゃなくてもOK!女性の7割は「壁ドン」待ちしているらしい

【参考】

※ 10 Best Beauty Tricks to Hide a Hangover – AMERIKANKI

【画像】 

Alba Soler Photography

WooRis

トピックスRSS

ランキング