たったの3分!魅惑的な美ボディを手に入れる「くびれエクササイズ」とは

WooRis / 2014年9月4日 19時45分

写真

女性らしさを表現する身体の“くびれ”は、あなたの魅力を存分にアピールできる重要な部分です。くびれを作るには、食事よりも運動でのアプローチが効率的です。しかし、無茶な筋肉の使い方で、くびれどころか、筋肉を痛めてしまう危険性もあります。

そこで今回は、チアリーディングをしている安田友梨香さんに、チアリーダーや有名な海外モデルも行っているエクササイズについて伺ってきました。

■腹筋を続けているのに効果がでない理由とは

ダイエットのために、いくら腹筋を続けてもうまくお腹が締まらないということはありませんか? それは「腹筋を保つための他の筋肉が足りないからです。腹筋を支えるためには、背筋はもちろん、腹筋の横の筋肉、腹斜筋なども鍛える必要があります」と安田さんは話します。

つまり一部の筋肉だけを鍛えても、その筋肉を支える他の筋肉もバランスよく鍛えなければ、スタイルアップどころか、身体のラインを崩したり、身体を痛めたりする原因になりかねないということなんですね。

■3分でできる“くびれエクササイズ”

そこで安田さんに、身体の側面を鍛えるエクササイズを教えてもらいました。身体の芯をうまく保つことができれば、簡単な動きでも十分身体を鍛えることができるそうです。身体の芯を保つ筋肉を鍛えれば、姿勢を正すのはもちろん、基礎代謝を上げることにもつながります。

筋肉を鍛えることで、太りにくい身体をつくることになり、無理なく引き締まった身体をキープすることができるのです。

それでは、実際にどんなエクササイズかご紹介しましょう。 

(1)身体の右側を下にして横向きに寝転がります。右肘を90°に曲げ、手を軽く握り、肘を肩の真下に置くようにして、肘から下の腕で体重を支えられるようにします。

このとき身体は、肩・腰・膝・足首ができるだけ一直線上にあり、左足も右足の上に乗せられるといいでしょう。

(2)1の姿勢のまま、腰やお尻が出ないように、そして、身体が一直線になっているかを意識しつつ、脇が90°開くまで、腰を浮かします。そしてこの姿勢のまま3秒キープして、また1の姿勢に戻りましょう。

(3)1と2を30回繰り返し、今度は反対の左腕で体重を支え、左側を向き、同じことを繰り返します。

いかがでしたか? 単純な動作ですが、肘下だけで身体を支えるのは意外と苦しいものです。支えることに一生懸命になりすぎると、肩・腰・膝・足首が一直線上にならなくなってしまいます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング