オレンジじゃなかったの!? 効果的に「ビタミンC」を摂れる食品はコレ

WooRis / 2014年9月3日 21時0分

写真

夏の終わりになると、ウッカリ日焼けや“夏老け”をリカバーするために、ビタミンCをいつもより多く摂りたいという人も少なくないでしょう。

ビタミンCは抗酸化作用があってアンチエイジング効果が高いですし、メラニン色素を抑制してくれるのでシミの予防や改善効果、さらに免疫力を高めてくれる効果も期待できますので、美肌のために積極的に摂取したい成分なことは既にご存知の方も多いですよね。

そこで今回の記事では英語圏のサイト『Women’s Health』の記事と『カロリーSlism』『簡単!栄養andカロリー計算』を参考に、スーパーで手軽に買えるビタミンCを豊富に含む食材を、フードアナリストの筆者がご紹介します。

■ビタミンCを多く含む食品って?

ところで皆さんは、ビタミンCを摂りたいとき、どんなものを食べたり飲んだりしていますか? なんとなく、オレンジはビタミンCが豊富というイメージをお持ちではないですか? ビタミンCを摂りたいからとオレンジジュースをガブ飲みしたりしていませんか?

実はビタミンCを多く含む食品は、一般的にいわれているイメージとずいぶんとかけ離れていることもあるので要注意です!

あまりビタミンCのイメージはないかもしれませんが、以下の4つには、たっぷりとビタミンCが含まれています。

■1:黄色のピーマン

なんと黄色のピーマンには100gあたり約150〜155mgものビタミンCが含まれています。驚くことに、なんとこれはオレンジの約4倍近くの含有量なのです!

生で食べることもできますので、サラダに入れたり、そのままスティックにして食べたりと、手軽に取り入れていきたいですね!

■2:パパイヤ

パパイヤはオレンジよりも多い100gあたり約50mgのビタミンCを含みます。それだけではなくパパイヤはフルーツ類の中でもビタミンAを圧倒的に多く含み、なんとその量は100gあたり40μgにもなるのです!

パパイヤこそ、美肌効果を狙いたい人が積極的に摂取したいフルーツなのですよ。

■3:グアバ

グアバのビタミンC含有量は100gあたり、なんと約220mgにもなります。そして、甘〜い味とはうらはらにカロリーは100gあたり38kcalですのでダイエット中でも安心して食べられるフルーツなのです。ビタミンAも豊富で50μgを含みます。

南国フルーツのパワー、あなどれないですね。

■4:いちご

いちご100gで約62mgものビタミンCを摂取できます。いちごは洗うだけでそのまま口に放り込める手軽さもありますから、「ちょっとビタミンCを補給したいな」というときに、気軽に食べやすい食品ですよね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング