新たな恋は慎重に!「シングルマザー」がデート時に気をつけること6つ

WooRis / 2014年9月12日 19時45分

写真

離婚したからといって新しい恋を初めてはいけない、なんてことはありません。まだまだ若いシングルマザーも多くいることでしょう。しかし、子どもがいたりすると、なかなか簡単にデートする、といったことができないかもしれません。

そこで今回は、シンガポールで人気の女性向けサイト『the asian parent』の記事を参考に“シングルマザーがデートするとき気をつけたいこと6つ”を紹介します。

■1:子どもを会わせるのは確実な相手だけ

子どもを全ての交際相手に会わせる必要は全くありません。“この人は大事だな”と思った相手にだけ会わせてください。子どもは親の影響を受けやすいということを忘れないようにしましょう。

■2:子どものことを一番に考えてくれる人を選ぶ

新しい相手が見つかったとしても、子どもには以前と同じように愛情を注いであげてください。もちろん、新しいパートナーとなる人も、子どもをきちんと受け入れられる人である必要があります。

■3:子どものことは正直に話す

新しくパートナーとなる人には、子どものことを隠したりせずにきちんと伝えましょう。相手も、早くから分かっていたほうが、子どもに対応するためにさまざまな準備ができます。

■4:ちょっとした遊びを経験する

子どもと会わせたばかりの頃に、一緒にボウリングに行く、カラオケに行く、ピクニックに行く、などちょっとした遊びに子どもと一緒に出かけるといいでしょう。こうしたちょっとした体験を一緒にしておくと、パートナーとなる人が、また子どもと一緒に出かけたいと思うようになるのです。

■5:子どもの意見を聞くこと

パートナーに会わせたら、子どもの意見もきちんと聞きましょう。もし何か問題があれば、それは先送りにしたり無視したりせずに、解決できるようきちんと取り組みましょう。先送りにしたら、後で必ずもっと大きな問題となって返ってきます。

■6:子どもを支える

新しいパートナーができたからといって、今までの関係が変わるわけではない、と子どもに伝えましょう。子どもにとってのママやパパは今まで通り。子どもを安心させてあげてください。

以上、“シングルマザーがデートするとき気をつけたいこと6つ”でしたが、いかがだったでしょうか。子どもの年齢によっても微妙な対応をしないといけないこともあるかもしれませんが、これらの基本を守って、パートナーにも子どもにも誠実に対応しましょう。新しい生活はきっと幸せになると思います。

【関連記事】

※ 子持ちで離婚するなら覚えておきたい「合意して文章で残すべき」3項目

※ 結婚前に絶対チェック!「すぐに離婚する男性の特徴」3つ

※ 仲が良くてもモメる相続!「配偶者に離婚歴があった」場合の注意点3つ

※ 再婚後も「前夫から養育費を受け取る」ための重要ポイント4つ

※ ひとりで悩まないで!「離婚相談」を活用する女性が増加中

【姉妹サイト】

※ 既婚女性が大興奮!働くママ達はドラマ「昼顔」の不倫をこう見てる

※ 恋人が異性と二人きりで会う「許せるor許せない」どっちが多い?

【参考】

※ 8 dating tips for single parents – the asian parent

【画像】

bodik.cz

WooRis

トピックスRSS

ランキング