目立つ毛穴やパサ髪にも!身近で安価な「お酢」のスゴい美容活用法5つ

WooRis / 2014年9月13日 16時0分

写真

疲労回復や脂肪分解など、さまざまな効能を持つといわれているすごい液体“お酢”。

料理にも使いみちが多く、爽やかな清涼感と酸っぱさが魅力の酢ですが、料理や飲み物だけではなく、美容にもフル活用できることをご存じでしたか? とくに、普段棚の隅に追いやられがちな“リンゴ酢”は実は美容にも万能の成分を持つのです!

そこで今回は、女性向けの英語健康雑誌『Women’s Health』の情報を参考に、“リンゴ酢”を顔や体、髪のケアなどに有効利用する方法をご紹介します。

■1:肌のバランスを整える

乾燥したお天気のときは、顔だけでなくボディの肌もカサカサしたり潤いに欠けたりしがちです。こんなときこそ、リンゴ酢を利用してみましょう。

リンゴ酢は、肌の表面にある保護層と似た成分を持つとか。これを約250ミリリットルお風呂に入れてしばらく浸かると、肌表皮のバランスが改善するそうです。

■2:拭き取り化粧水として使う

年齢とともに開いてしまった顔の毛穴は、お化粧してもなかなか隠せないクセモノ。

毛穴が気になる人は、大さじ1杯のリンゴ酢と水2カップを混ぜコットンを浸しましょう。洗顔後にタオルで拭いて乾いた顔にふき取り化粧水として利用するだけ。匂いはすぐに消えるので、その後は洗い流さずに放置できます。

リンゴ酢に含まれるアルファヒドロキシ酸の効果で、毛穴が目立たなくなり血行も改善するそうです!

■3:洗髪の仕上げに使う

「最近、髪がパサパサで元気がないな……」という悩みを抱えていませんか?

大さじ2杯のリンゴ酢をカップの水1杯と混ぜ、洗髪後シャワーで流した後の仕上げに髪にかけてみてください。シャンプーやコンディショナーなどの不要な成分を流し、髪を美しく輝かせてくれるそうです!

■4:日焼け後の肌のお手入れ

秋だからといって日焼けへの油断は禁物! 日焼けした箇所にリンゴ酢半カップと水4カップを混ぜた液体に浸したタオルを当ててみましょう。

リンゴ酢の成分が肌のPHバランスを整え、日焼け肌を癒してくれるそうです。

■5:足の臭いを取る

「あの人、キレイなのに足が臭い!」なんて言われたくないですよね。なんと、リンゴ酢は“臭い足”で悩む人の味方にもなり得るのです!

リンゴ酢1カップと水4カップを混ぜた液体の中に足を浸し、しばらくしたら水で洗って拭くだけで、足の臭いを消すうえに、消毒して水虫も防いでくれるそうです。「夫や子どもの足が臭い!」と悩む場合にもぜひ応用してみてくださいね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
WooRis

トピックスRSS

ランキング