1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

「もう離婚かな…」夫の中で家族よりもマルチ商法が上回った瞬間

ウートピ / 2021年2月3日 20時0分

写真

妻がマルチ商法にハマって娘と一緒に出て行ってしまったことをきっかけにマルチ商法の情報収集と情報発信を開始したズュータンさんの『妻がマルチ商法にハマって家庭崩壊した僕の話。』(ポプラ社)が1月13日に発売されました。

ズュータンさんんの妻がマルチ商法にハマり家を出るまでの2年間のこと、妻の身に起こっていたこと、ズュータンさんがSNSでマルチ商法の被害を発信し始めたら起こったことや5人の被害者たちの体験などが赤裸々につづられています。

ウートピでは第3章「SNSで被害を発信しはじめたら起こったことー5人の被害者たちから」の中のエピソード「燕さんと夫 2016年3月」を抜粋して掲載します。前後編。

家族よりも、X社

【前編】すべては義弟の贈り物からはじまった…夫がマルチ商法にハマった話

なんでもっと早くに検索をしなかったのか、気付けなかったのか。この気持ちは、僕にも痛いほどわかった。こういう状況を見て、「情弱がひっかかるんだ」と言いたくなる人もいるかもしれない。しかし、渦中にいるときは、「なんだか検索してはいけない」という見えない圧力のようなものが働いていたようにも思えるのだ。これは、巻き込まれてみないとわからない感覚なのかもしれない。

「慌てて夫にX社を検索して悪評がたくさんあることを伝えると、『ネットの情報だろ? 信じるなよ』『家族のためにX社のビジネスをしたいんだよ』と。私が周りからの反応を気にして『やりたくない』『やるなら、せめて誰にもバレないようにやりたい』と言うと、『そんなに気にしなくても平気だろう』と夫はイラつきはじめました。『特商法に違反せずにX社のビジネスをするのは難しいんだよ。それに世間の目は冷ややかだよ』『X社のビジネスで稼ぐなんて不可能なことだよ』と伝えても、『違反しなければいいんだろ? 周りの反応は、やってみなければわからな!』と堂々巡りになるだけでした」

ハマってしまったら、あとは一直線。家計は大丈夫だったのだろうか。高額製品を買い込むために貯金が知らないうちに切り崩されてしまうこともよくあると聞く。

「お金を使い込まれるのを防ぐために、それまで財布は別々にしていたんですけど、財布を一緒にして夫にお小遣いを渡すようにしました。高額なX社製品を次々とほしがるので、『ほしいならお小遣いで買って』と言うために。だから、夫はお小遣いでサプリメント等やお風呂の浄水器を買ったりしてましたね」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング