夫に浮気されたらいくら請求できるの? 結婚前に知っておきたい「不倫の慰謝料」事情を弁護士に聞く

ウートピ / 2014年11月10日 15時0分

写真

いくら請求できる?「不倫の慰謝料」事情

『昼顔』『ガラスの家』『さよなら私』『紙の月』などテレビドラマや映画では「不倫」が流行中だ。また、矢口真理、乃木坂46の松村沙友理と会社員、別居中の川崎麻世・カイヤ夫妻、巨人の阿部慎之介選手など不倫騒動が後を絶たない。

アラサー女子なら、加害者にも被害者にもなりえる不倫だが、ここでは慰謝料を請求する妻の立場から、「慰謝料」の相場、高額慰謝料になるポイントを、『マンガでわかる「愛と慰謝料の掟(ルール)~請求したい妻編~」』(Kindle版)を出版したアディーレ法律事務所の篠田恵里香弁護士に聞いた。

ブームにのって不倫をすると、これだけのリスクがあることをお忘れなく。

浮気されたけど離婚はしない場合は100万円以内

――「浮気されて許せない。慰謝料はとりたいけど、子供のために離婚はしない」という場合は、どのくらいの慰謝料が請求できるのでしょうか。

篠田恵里香弁護士(以下、篠田弁護士):慰謝料請求には、「交渉による請求」「裁判による請求」があります。通常は「交渉」で決着しなければ「裁判」という流れになります。
ここでは、浮気によって、婚姻関係がどのように変化したかが重要です。

1.結婚を継続する
2.別居する
3.離婚する

このうち、離婚しない1のパターンなら、弁護士としては100万円の請求を狙います。大体100万円以内で決着することが多いですね。

離婚するなら100~300万円

――では「ゼッタイに許せないので、離婚を前提に交渉したい」という場合は、どうでしょうか。

篠田弁護士:浮気によって婚姻関係が破綻した場合、上の2、3に当てはまり、相場は100~300万円です。この場合、子供がいるか、婚姻期間、浮気が発覚する前の家庭の状態、浮気の内容が考慮されます。

不倫相手からも慰謝料はもらえる

篠田弁護士:慰謝料を支払う義務があるのは、夫と不倫相手の二人です。支払いを誰にするかは請求する妻側が指定することができます。たとえば結婚を継続する場合、夫に慰謝料を払わせるのはあまり意味がないですよね。この場合は不倫相手に請求ができます。また離婚を前提とする場合、夫と不倫相手の両方に請求することも可能です。

W不倫はややこしい?

篠田弁護士:W不倫で、かつ結婚を継続したとき、ポイントになるのは、“不倫相手の夫”にバレているかどうかです。不倫相手が「夫には知られたくない」と高額を払うケースがあります。ただ“不倫相手の夫”にバレている場合、自身の夫に対して慰謝料請求される可能性もあります。

1億円越えする芸能人の高額慰謝料は財産分与

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ウートピ|オンナ目線のニュースサイト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング