1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

【真木あかりのおやすみ占い】1月9日~1月15日

ウートピ / 2022年1月9日 22時31分

写真

今日という1日を終える時、あなたはどんなことを考えますか。何もない普通の日でも、問題続きの日々でも、明日もそれなりに自分らしく元気であるためには、おやすみ前に考えることってけっこう大事です。

カギは、ダメだったことや嫌なことを思い出すのではなく、よかったことを数えて「明日、いい1日にしよう」と思って眠ること。寝ているうちに、脳が記憶を整理しながら明日への準備をしてくれます。そして運も整っていきます。

この「おやすみ占い」は、日曜更新です。月曜から始まる1週間を思いながら、おふとんの中で考えを巡らせると運気向上につながるポイントをご紹介します。もちろん平日に考えても構いません。おふとんから作るあなたの新しい1日が、良いものでありますように。

真木あかりより

きになる星座をチェック

■おひつじ座(3/21〜4/20)
□おうし座(4/21〜5/21)
■ふたご座(5/22〜6/22)
□かに座(6/23〜7/23)
■しし座(7/24〜8/23)
□おとめ座(8/24〜9/23)
■てんびん座(9/24〜10/23)
□さそり座(10/24〜11/22)
■いて座(11/23〜12/21)
□やぎ座(12/22〜1/20)
■みずがめ座(1/21〜2/19)
□うお座(2/20〜3/20)

おひつじ座(3/21〜4/20)

「あれ、どうなってる?」と聞いたり、聞かれたりすることが増えるかもしれません。伝わっているのか、いないのか。あなたも、あなたの周りの人も、お互いに気を揉むことになるのでしょう。二度手間、三度手間となって面倒だなと思うこともあるかもしれませんが、この時期はむしろ「ミスを防ぐきっかけ」と思ってみるといいでしょう。聞いてよかった、聞かれてよかったと思うことがきっとあります。どうぞためらわずにいきましょう。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
翌日のダンドリを、うまくいく前提で考える

星座の一覧に戻る

おうし座(4/21〜5/21)

仕事や、組織のなかでの自分の役割のアレコレが、間延びした感じになってきます。特に2022年になってからスタートしたことは、早くも当初の勢いが削がれたような感覚に陥るかもしれません。ここから2月頭までは、先を急いでもいいことはなさそう。ゆっくり進んでこそ、見えてくるものがあるのですね。スピード重視、効率重視の世の中ではありますが、敢えて時間と手間をかけることで「本当に大事なこと」がわかってくるのかもしれません。野心もほどほどに。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください