30代で「やり捨てされた」はブスすぎる! ブルボンヌ先生が提案する“男を味見する”女の生き方

ウートピ / 2015年1月6日 18時0分

写真

30代で「やり捨てられた」と泣く女はブス

「恋人が欲しい」「結婚したい」というアラサー女性。焦って合コンに参加したり、女子力アップに励んでみるものの、結果はイマイチ。一生懸命になればなるほど傷つくばかり……。いったい、何がいけないの?

そんなこじれた胸の内を、これまでたくさんの「人」「恋愛」に触れてきた、女装家、エッセイスト、バーのママであるブルボンヌさんに聞いてもらいましょう。3回目は、「すぐにやり捨てされる」というお悩み。

「ブルボンヌさん、私は合コンや飲み会で男性といい雰囲気になると、すぐに体を許してしまいます。体でつなぎとめたいというか、それくらいのことで付き合ってくれるなら、と思うのですが、真剣交際に至りません。どうしたらいいでしょうか」 M・Iさん(埼玉県・30代前半 接客業)

被害者になった女は魅力的じゃないわ

そもそも「やり捨てされた」と思っている時点で、被害者意識。そんな風に思うんだったら、やらなきゃいいじゃない。「やらせてあげたのに続かなかった」ではなくて、とりあえず「続くかどうか味見してやったわ」というくらいの気持ちじゃないと。被害者になった女は魅力的じゃないわ。

男だって多感な生き物だから、女が楽しんでいるのかどうかは、すぐに伝わっちゃう。「一回寝たから、私たちこれでカップルよね?」と迫るなんて、もう脅迫だよね。快楽主義者の、とくに合コンに来るような男たちからしたら、2回目、3回目喰いたい女ではない。直観のいい男たちからすると逃げ腰を呼ぶ。だって責任なんてとりたくないじゃない。

逆に、合コン荒らしに来るような女たちは「短い恋愛の期間だけ、楽しめればいいわ」くらいに考えていて、ノリノリでその辺を楽しんでくるから、むしろ男にとってはますます魅力的に見えると思うんだよね。

「やり捨てされた」とはブスの言うこと

極端な言い方すると、30代の女がやり捨てされたと言っている時点で、ちょっと“ブス”よね。10代の女が「あたしの将来台無しにされた」っていうのは仕方ない。20代の女が「あたしのカラダで釣ってやったわ」っていうのもアリよ。でもアラサー過ぎくらいは、もう「やれた」でいいじゃない。「やれた」と思った方が、男からしたら「喜んでくれたんだ」って単純な男心をくすぐると思うよ。30代の女が、たとえば吉瀬美智子さんみたいな美人ならいいけど、そうじゃない女が「アタシを大切にしてくれるんでしょうね」という雰囲気を出せば出すほど「いや、お前そんなにいいもんじゃねえよ」と思われるだけ。それはそれで男のイヤな部分だけどね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ウートピ|オンナ目線のニュースサイト

トピックスRSS

ランキング