狭いコミュニティ内で複数男性とのセックスがやめられない34歳女の闇――知られざる女の真実Part4

ウートピ / 2015年2月2日 20時0分

写真

同じサークル内に彼氏とセフレがいる女

“サークルクラッシャー”という言葉をご存知でしょうか? “サークルクラッシャー”、略して“サークラ”とは、あるコミュニティーの中で、多くの場合、恋愛をきっかけとして人間関係を悪化させる人物のこと。紅一点(に近い立場)にいながら、自覚的、もしくは無自覚に複数の男性側に「自分(だけ)に好意がある」と勘違いさせ、結果、コミュニティーを破滅に追い込む存在です。さて、今回登場いただくのは、同じサークルの中で、必ず数人の男性と関係を持ってしまう癖があるという女性。彼女が同じサークル内の男性にコナをかけまくる理由とは――。

【セフレとのセックスのほうが気持ちいいから、手放すには惜しい Y代さん(34歳・販売)】

――今は、どんなサークルに所属されているんでしょうか?

Y代:社会人向けの某フットサルサークルです。週に1度くらい集まって練習したりチームに分かれてゲームしたり。運動不足だったのと、ワールドカップを観ていて、「面白そうかも」って思ったこと、あと、出会いが欲しいなって思ってネットでメンバーを募集していたチームに入ることにしたんです。で、入ったらすぐに彼氏ができたんですが、実は同じチーム内にもうひとりセフレもいて……。

サークル内って結構乱れてるんですよね

――どっちが先だったんですか?

Y代:セフレですね。そっちはチームの代表みたいな感じの人で、かっこ良くって女のコ人気も高いんです。 で、わたしも軽い感じで口説かれて「まぁ、いいか」って、練習の延長でセックスをしちゃった(笑)。けど、本命の彼女はもちろん、セフレも何人かいることを知ってるから、付き合うとかそういうんじゃないなって感じで。たまに練習がない日でも、軽く会ってホテル行く関係です。

彼氏のほうは全然違うタイプでおとなしくて真面目な人。あんまりチームに馴染めてないところが気になって、で、気を使って話しかけたりしているうちに、互いに好意が生まれて、で、付き合うことになったんです。

――セフレとの関係を整理しようとは思わなかった? もしもバレたら修羅場ですよね。

Y代:バレたら修羅場だと思うけど、絶対にバレるようなことはないと思うんです。だって向こうだって、彼女もセフレもいる状態で、自分からバラすようなことは絶対にないと思うので。整理は……ぶっちゃけ、セフレとのセックスのほうが気持ちいいんですよ。だから、自分から手放すには惜しいっていうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング