なぜオジサンは自分の体臭に気付かないのか 意外と知らない男女の嗅覚差

ウートピ / 2015年6月3日 18時0分

写真

なぜオジサンは体臭に気付かないのか

湿気の多い梅雨の時期、通勤電車にこもるニオイ……。朝から悶絶している女性も多いことでしょう。

女性側は汗のニオイはもちろんのこと、脇汗防止などこれだけ身だしなみに気を付けているというのに、なぜ男性は自分の体臭に気が付かないのでしょうか。

その謎を解くべく、「ギャツビー」「ルシード」など男性用デオドラント商品を手掛けるマンダムが主催する「ニオイ セミナー~なぜ、女性はすぐに『クサい!』と言うのか?~」に行ってきました。

「同僚にどうにかしてほしいこと」第1位は体臭

マンダムが2014年に行った調査では、「同僚にどうにかしてほしいこと」の1位が「ニオイ(体臭)」60.4%、2位が「ニオイ(口臭)」57.8%、3位がフケ40.2%、4位ボサボサの髪32.7%でした(調査対象:25歳~49歳の働く男性567名、女性550名)。

体臭・口臭のニオイ関係が、ぶっちぎりの首位です。外見はPCを凝視していれば見えないけれど、ニオイは漂ってくるもの。防ぎようがありません。

職場での、体臭や口臭のニオイ問題は、「スメルハラスメント(=スメハラ)」として、社会的な問題として顕在化しつつあります。デリケートな問題だけに、企業でも対応に苦慮しており、マンダムは企業を対象に“スメルマネジメント”の一環として、「ニオイケアセミナー」を行っているそうです。

アラサー女性の100%が「汗臭は許せない」と回答

職場でも問題になっている「体臭」ですが、マンダムは男性の体臭を、
・10代後半から30代半ばに多く見られる「汗臭」
・30代半ばから50代半ばの「ミドル脂臭」
・それ以降の「加齢臭」
と3つに分類しました。

男性と女性が感じるニオイの強度と不快度を調査したところ、3体臭全てにおいて男性より女性の方がニオイを強く感じ、男性よりもより不快度が高い傾向にあると判明しました(調査対象:都内25~54歳の働く男女180人)。

また、女性の9割以上が「不快」と答えた「汗臭」については、特に25歳から34歳の女性100%が「許せない(我慢できない)」と回答。「ミドル脂臭」は女性の81.3%が我慢できないと答える一方で、加齢臭については女性の86.8%が「許せる(我慢できる)」という結果に。

女性が敏感なのは、出産子育てに関係アリ?

東北大学とマンダムの共同研究「体臭成分別感受性報告」によると、「汗臭」成分のイソ吉草酸に対する感度は、40代男性よりも20代女性の方が高く、「ミドル脂臭」成分のジアセチルについては、男性の3人に1人はニオイを感じなかったとのこと。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング