「キャラ立ちの時代」で加速する虚言癖 心理カウンセラーに聞く、虚言者とうまく付き合う方法

ウートピ / 2014年3月11日 12時0分

写真

増殖中「虚言者」との正しい付き合い方

世間を騒がせる“虚言者”たちーー。彼らはなぜ嘘を吐いてしまうのでしょうか。嘘を吐いてしまう側の心理と、嘘を吐かれる側の対応策について、心理カウンセラー・作家の五百田達成(いおたたつなり)さんに聞きました。

「キャラ立ちの時代」が虚言を加速させた

「現代は“キャラ立ち”が求められる時代。最近の例でいうと、佐村河内守さんなら“全聾(ぜんろう)”、武田アンリさんなら“武田家の末裔(まつえい)”のように、世間に自分のキャラを印象付けたいという思いが高じて、嘘を吐いてしまったと思われます。とくに有名人がオフィシャルな場で話を盛って嘘を吐いてしまうと、周囲から持ち上げられて引くに引けない形になり、さらには報道されて情報が拡散すると『事件』として取り扱われてしまうのです」

一方で、実は“自分へのキャラ付け”は、普通の人でもしている行為だと五百田さん。「私ってお酒飲めるキャラで~」「会社では妹キャラで売ってて~」というように、その人の個性を表す目的で行われることもあります。

キャラ付けは「盛る」といった要素も含んでいます。たとえば、仕事で初めて携わる案件で「~の経験はありますか」と聞かれた場合。なんとなく、「初めてです」とは言いづらく、「それなりの経験はあります」と「盛って」しまった……なんて経験のある人もいるのでは?

「自分を大きく見せたかったり、素の自分に自信が持てなかったりすると、等身大の自分よりも盛って話してしまうことがあります。上記のビジネスシーンなどでは、ある種の大人のマナーとして自分を盛って話すこともあり得ます」

害のある虚言者とまともに戦おうと思うな

では、虚言癖を持つ人と関わるときには、何に気をつけるとよいのでしょうか。たとえば、「昔モデルと付き合っていた」「1億円の貯金がある」というような、明らかにキャラ立ちのための嘘だとわかるような虚言癖のある人に対しては「へぇ~」と流しておいて、いちいち取り合わないのが得策だと五百田さん。

一方で、職場などで「××さんに貶められた」「××さんにオトコを奪われた」といった、根も葉もない噂をまき散らすような、人に被害を与える虚言癖のある人に対しては、積極的に自分自身を守る必要があります。

「そういう人は悪意があるわけではなく、実際に『貶められた』『オトコを奪われた』と心から思い込んでいる場合が多いものです。その人にとっては、それこそが真実。ですから、言い争ってもラチがあきません。第三者を味方につけつつ、なるべく関わらないようにするのが鉄則です」

虚言をやめさせるには自己効力感を満たしてあげること

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング