1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

バイの友人が異性と結婚! もうバイじゃなくなったってこと?|LGBTsさんといっしょ。

ウートピ / 2015年10月9日 18時0分

写真

バイが異性と結婚 もうバイじゃない?

セクシュアル・マイノリティーズとの付き合い方について、短いストーリー形式で考える連載「LGBTsさんといっしょ。」私こと「まきむぅ」と、私の妻である「モリガ」との会話をもとにお送りします。おしゃべりする気分でいっしょに考えていきましょう。

今回のテーマはこちらです。

「バイの友人が異性と結婚! もうバイじゃなくなったってこと?」
Q.「自分はバイだ」って言ってた友人が、この間異性と結婚したんです。もうバイじゃなくなったってことなんでしょうか? 異性愛者のフリっていうか、無理して偽装結婚みたいなことしているんじゃないかと心配しています。 バイが結婚することは、なんにもおかしいことじゃない

まきむぅ「それ、単にアンジェリーナ・ジョリーなんじゃない?」

モリガ「……………………えっ??」

まきむぅ「いや、アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットの結婚みたいなものなんじゃない? ってこと。バイが結婚することは、なんにもおかしいことじゃないわよ。ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーは、昔モデルで女優のジェニー・シミズとお付き合いしていて、そのあとブラッド・ピットと結婚したでしょ」

モリガ「彼女、バイなんだっけ?」

まきむぅ「うん。テレビ番組で『バイなの?』って聞かれて、『もちろんよ!!』って答えてる(※1)」

まきむぅ「『男性の魅力も女性の魅力もわかる』っていう彼女自身のあり方が、結婚によって変わるわけじゃないじゃない? 『自分はバイだ』って考える人が特定の人と結婚するのは、なんにもおかしいことじゃないのよ。相手の性別にかかわらずね」

モリガ「ブラピとアンジーが素敵な女優さんを見て『あの子カワイイよね~!』って一緒に盛り上がったりするの、それはそれで仲良し夫婦だもんね」

まきむぅ「スケールのでかい話ね……」

※1 アメリカのテレビ番組……2003年、ABCで放送された番組「20/20」。アンジェリーナ・ジョリーは、当時司会者だったバーバラ・ウォルターズに「バイなの?」と聞かれて「もちろんよ!!」と答えている。

「誰でもイケるってこと?」バイに対するありがちな勘違い

まきむぅ「そもそもバイセクシュアル(両性愛者)っていうのは、言葉の上の意味で言えば『男性、もしくは女性を恋愛対象とする可能性がある人』のことなのね。カリフォルニア大学のLGBTリソースセンターは、9月20日~26日の『バイセクシュアル啓発週間(#BiWeek)』に合わせてこんなことを書いています」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング