1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

「電力自由化って何?」「節約になる?」今さら聞けない話と働く人のベストプラン

ウートピ / 2016年4月13日 8時0分

恋人と同棲中、または結婚しているけど子どもはいないからふたり暮らしというあなた。朝が弱くてなかなかベッドから起き出せないあなたのためにパートナーが、イギリスの良家に使える執事のように甲斐甲斐しく、かつ馬上から弓を射る王子様のように優雅にフライパンを操り、ふわふわオムレツを作ってくれるかどうかはさておき、ふたりで簡単な朝食を済ませたらそろって出勤。

夜はたいてい近所のベトナム料理屋か、中華料理屋か、惣菜+残り物の3択で。料理するのは週3回ほど。帰宅後は、パートナーがまたも執事のように手際よく風呂を沸かして洗濯まで済ませてくれたらまさに理想的だけれど、いずれにしろ入浴しながら、2日1回は洗いから乾燥まで全自動の洗濯機を回して、12時半に就寝。そんなあなたにおすすめの料金プランはこちら。

「昭和シェルドライバーズプラン」です。車を所有している方は、12,320円を節約することができます。先ほどお伝えした東京ガスの「ずっとも電気(東京ガストリプル割適用)」もおすすめです。都内の東急沿線に居住している方は、「東急パワーサプライ 従量電力B 40Aプラン」も選択肢に含めるといいでしょう。

「夜間のみ在宅している」といっても、家庭ごとに使用電力には大きな差があります。今回のおすすめを「基本」として、さまざまな業者から見積もりをとるようにしましょう。

電気を利用する生活スタイルは多種多様です。とりあえず現在の(電力会社の)ままで、と面倒がらずに、検索サイトを利用して料金比較をしてみましょう。これからは、電気代を節約するにあたり、「いかにして使わないか」だけではなく、「どのようにして電力会社を選ぶか」の選択肢も、あなたの手に委ねられるようになるのです。

電力自由化で今後もいろいろな企業が参入してくるでしょう。ここで紹介したもの以上にお得なプランが発売される可能性もあります。ズボラな人は損しますよ。転居など生活プランの見直しをするタイミングで、あなたの生活にあった電力会社はどこなのかを調べる癖をつけましょう。

(工藤崇)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング