「どうして出張ホストと会うの?」働き女子に聞いてみた

ウートピ / 2018年12月7日 19時45分

安藤:今後一生セックスしないかもと思うのはすごくすごくつらいですよね。こういう逃げ道があると思うだけで、心の持ちようが全然違うと思います。

佐々木:重要なのはあくまで「サービス」であるという点ですよね。浮気とか不倫だと罪悪感がありますけど、お金を払って割り切ってできるってすごくいい。家でろくにご飯食べられなくても、外食できると思えば心が軽くなる!

罪悪感はなかった?

——今回、座談会でみなさんに来てもらいましたが、そもそも性欲があるとか、こんなサービスを利用したって、友達同士で話すことはありますか?

安藤:私の場合、佐々木さんに「出張ホストが気になってるんです」と言ったら「私も」という返事がきて、そんな奇遇な感じで話せたんですけど。

佐々木:実際に出張ホストを利用した帰りに「体験してきました! 今!」って速攻でメッセきましたよね(笑)。ほかの女友達からも出張ホスト行ってきたという話を聞いたばかりだったので、「私の友達に何が起きてるんだ?」とビビりましたよ。

安藤:その方は既婚者?

佐々木:そうそう、乳幼児を育てている既婚者。子育てにドン詰まっていて、そのストレス解消に。本人は「子ども預けて出張ホストとか終わってるよね」とか言ってましたけど、ドン詰まって取返しがつかなくなる前に自分のお金と行動でリスク回避したんだからいいんじゃないのって話をしました。

小山:既婚者の方だと、夫に「出張ホストは嫌だけど、レズビアン風俗ならいい」って言われたって人もいましたよ。夫的には、男性だと自分の敵になるけど、女性なら自分の敵にならないと考えているのかもしれない。

安藤:「夫よりよかった」とか比べられたくないからでしょうかね。自分より雄として優れている相手だったら嫌だ、みたいな。でも、レズビアン風俗に目覚めてしまって、もう二度と夫を相手にしなくなるかもしれないという危機感はないんでしょうか。

小山:実際、そういう人もいるみたいですよ。

佐々木:そうなんですか? でも、目覚めたとしたら本人的には本望ですよね。一生のうちに自分の性癖を見つけられる人ってごくごく少数だと思うんですよ。場数を踏んだ人か、ピンポイントで狙って「ああこれ違ったわ」とトライアンドエラーを繰り返した人か。

小山:性癖探すって、マッサージで気持ちいいところを探すみたいなことですよね。マッサージ受けるとき、自分の気持ちいいポイントを知っていたほうが絶対いいじゃないですか。それと同じだと思うんですけどね。

(ウートピ編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング