出張ホストに2万円は安い? 女性同士で本音で話し合ってみた

ウートピ / 2018年12月12日 22時45分

写真

出張ホストに2万円は安い? 女性同士で本音で話し合ってみた

女性にも性欲があるのに、セックスは恋人や夫とするもの、結婚を前提としたいわゆる“マジメなお付き合い”の延長にあるものだと思い込みがちです。でも、サクッとセックスしたいときってありますよね。

特定の相手がいなくても、女性用の出張ホスト*や性的マッサージのようなサービスもあるので、ラブとセックスを切り離して考えることもできるはずです。

*女性を顧客としたサービス。デリバリーホスト、レンタル彼氏、恋人(彼氏)代行と呼ばれることもある。サービス内容は、デートに付き合ったり、性的なサービスまで(参考資料:『男娼』(光文社))

でも、チャレンジするのはちょっと気が引ける……そんな方のために、ウートピでは経験者を交えて座談会を開きました。

どうして性的なサービスを利用しようと思ったのか、どうやってそのサービスを探したのか、利用してみた感想、パートナーとのセックスとは何が違うのか、出張ホストの経験を友達に話せるか、などいろいろ聞きました。

第1回:性的サービスを利用したきっかけは?
第2回:お酒がないと獣になれない私たち

<座談会参加者>
小山さん(仮名):メーカー勤務/29歳/未婚/レズビアン風俗・出張ホスト
安藤さん(仮名):メーカー勤務/34歳/未婚/出張マッサージ
佐々木さん(仮名):出版社勤務/36歳/既婚/女性向け性的サービスに興味あり

性的サービスのお値段事情

——性感マッサージとかだと、挿入はナシとあるのですが、中には挿入があったという人もいて。実際のところはどうなのでしょうか?

佐々木:ノンフィクションの『男娼』(光文社)を読むと、都内の出張ホストは挿入ナシが多いらしいですね。「中イキしてみたいからプロにお願いする」という野望があったんですけど、挿入ナシだとそれは無理なのか……。

小山:中でも外でも、オーガズムのメカニズムは同じらしいので、中イキにこだわらないほうがいいかもしれませんね。それに、挿入ナシでも十分楽しいですよ! ご飯おごってくれて、そのままダーツバー行って、ダーツバーでは「俺が勝ったらキスしていい?」とか、少女漫画みたいな台詞をバンバン決めてくれて、夜の公園でめっちゃチューしてホテルでイチャイチャして2万円以内ですよ!

佐々木:安い!

安藤:払えなくは……ないけど。安くはない?

小山:私は2万円以上の価値を感じたので、1万円プラスして払いました。感謝の気持ちは諭吉で示す(笑)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング