腹持ちがいいパンは? ふだん用のチーズは? NZのスーパーで発見した7つのこと

ウートピ / 2019年5月22日 15時20分

続いてパンコーナーに。粒が見える全粒粉のパンを選ぶのがポイント。「食物繊維がよりたくさん入っていておなかにいいんです。腹持ちもよいので、ダイエット中の人にオススメです」

パンといえば、ジャムやバターなど塗るものも気になりますが……。

「こちらはNZのネルソンという田舎町にあるブランドのピーナッツバターです。今、成長しているのはピーナッツ100%のピーナッツバター。もちろんナッツ自体に脂分が多く含まれているので食べ過ぎはよくないけれど、こちらは少しだったら体にいいので安心です」

4.オリーブオイルは黒い色のビンを選ぶ

オリーブオイルのほか、ココナッツオイルやアボカドオイルなど豊富なオイルが並んだオイルコーナー。

「オリーブ油は健康のメリットが高いエクストラバージンをオススメしてます。できるだけ黒い色のビンに入っているオイルがいいです。日光からオイルを守ってくれるので。アボカドやナッツ、種系ベースのオイルもヘルシーな油とされています」

5.マヌカハニーの選び方は…

また、NZ といえばマヌカハニー。NZに自生する植物「マヌカ」の木に咲く花の蜜から作られたハチミツで、抗菌・殺菌作用があり、健康食品としても日本でも人気が高いハチミツです。

「マヌカハニーの効能を期待して買うなら、最低でも70%のマヌカの花粉蜜が入ったものを選んでください。普通にパンに塗ったり、ヨーグルトに入れたりするなら何でもいいですよ(笑)」

6.NZの食卓も多様化

NZには日本人になじみのあるキッコーマンの醤油も。

「食卓が多様化していて、世界の食材が一般のスーパーで多く見かけるようになりました。日本の和食エリアもちゃんとありますよ。ちょっと前までは、日本食のお店に行かないと買えなかったものが今は普通のスーパーに並ぶようになりました」

7.「これを食べておけば安心」はない

スーパーマーケットツアーも終わり。ふと店内を見渡したところ健康食品やグルテンフリー、オーガニック食品のコーナーが。「このコーナーで食品を買っていれば間違いなく健康的な生活を送れるのでは?」と聞いてみたところ……。

「この2、3年で健康コーナーができました。このコーナーは健康によいものばかりと勘違いする人も多いです。

よく見るとわかるのですが、自分の目で確かめないと本当に健康的で自分のライフスタイルに合ったものかどうかはわからない。

そういうことを理解してもらうためにこのようなツアーも開催しているんです。自分の目で見てもっと考えましょうと伝えています」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング