100億円の大豪邸はまるで“テーマパーク” 成金セレブの贅沢三昧と転落劇に学ぶ「ピンチを乗り越える方法」

ウートピ / 2014年8月27日 20時0分

写真

100億円大豪邸セレブの贅沢と転落

お金持ちセレブの私生活とはどんなもの? 大豪邸の中、ちょっと見てみたいと思いませんか?

大富豪のドキュメンタリー映画『クィーン・オブ・ベルサイユ 大富豪の華麗なる転落』は、大豪邸の中を余すところなく見せています。でも、「え、こんなんなの?」と、ちょっと驚きますよ。だって犬のウンチは転がっているし、いたるところに物が溢れているから。まあ、生活感溢れているところは親近感も沸くのですが、その一方、お金の使い方はビックリするほどとんでもないのです。お金持ちって何? この人たちどうなってるの?

では、ドキュメンタリー『クィーン・オブ・ベルサイユ 大富豪の華麗なる転落』で大富豪のビックリ私生活を見てみましょう!

テーマパークのような大豪邸を建設中!

『クィーン・オブ・ベルサイユ 大富豪の華麗なる転落』に登場する大富豪は、無一文からタイムシェア(共同所有)のリゾートビジネスで富を築いたデヴィッド・シーゲルと妻のジャッキーです。

この映画は、2,500平米の大邸宅に住みながら、もっと広い家がほしいと8,400平米の夢の大御殿を100億円で建築しようとする姿を追いかけているのですが、このベルサイユ宮殿みたいな豪邸というのが、すごい! 15のベッドルーム、6つのプール、岩の洞窟、25メートルの滝、2つの映画館、巨大水族館、テニスコートなど、まるでテーマパークです。

それが成功の象徴なのでしょうが、やることがド派手すぎて唖然としてしまいます。大豪邸の中は散らかり放題なのに、新しい家は巨大なテーマパーク。代々資産家の家は、周囲にねたまれないように目立たないように暮らす傾向があるそうですが、成金セレブはできるだけ目立ちたいのですね。だからどんどんお金の使い方が派手になっていくわけです。

野心の強弱がお金の使い方に表われる?

アラサーのみなさんの中には「玉の輿に乗りたい」「セレブ妻になりたい」と野心を持つ人もいるでしょう。そういう気持ち、誰でも一度は持ったことあるはずです。誰だっていい生活したいですからね。でも実際にそうなったらどうします? セレブにちょっと憧れる程度の人は、億単位のお金にビビるかもしれません。でも野心が強い人は「待ってました!」とばかりにバンバン使うのではないでしょうか。この映画のシーゲル夫妻のように。

特にジャッキーは野心家で、物欲を満たすことを常に求めています。デヴィッドが「ジャッキーは集めるのが好きだ」とコメントしていますが、彼女は洋服、靴、子供のオモチャ、ペット、何もかもたくさん持ちたいのです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ウートピ|オンナ目線のニュースサイト

トピックスRSS

ランキング