なんか悔しい…「私のほうが好きな気がする」って言ってもいい?【○○って言わない女子】

ウートピ / 2019年6月27日 20時45分

写真

恋愛経験をある程度積み重ねてきて、酸いも甘いも知っているオトナだからこそ、パートナーにあえて「言わない」ことをあえて拾って、恋愛コラムニストの桐谷ヨウさんにアドバイスをいただく連載「◯◯って言わない女子」。

ヨウさーん! 今回はこんなつぶやきを発見しましたよーー!!

【今回のつぶやき】

「なんか私ばかり好きじゃない?」

最近、付き合い始めた恋人がいるのですが、「何だかんだ私のほうが好きだよなー」と思っています。

きっかけは向こうからの告白で付き合うようになったのですが、肉食系のわりに愛情表現が少なく、ちょっとくやしいなと思ってしまいます。

本人にしてみたら「こうやって普段から一緒にご飯食べているし、デートもしているでしょ」という感じなんだと思います。「私のほうが好き」なんて言ったら負けのような気もするし、言わないほうがいいですよね?

タピオカみたいなセリフだけど…

「愛情表現はウザいくらい過剰に」が信条のヨウさんです。実際ウザがられます。

今回の話はシンプルなようで結構面白くて、世の中では「愛情表現はその気になれば誰だってできるでしょ」って思われがち。

でも、「なんかめっちゃ好き」とか「一緒にいるとすごい楽しい」とか「居心地がよすぎる」みたいなタピオカなセリフ(甘くておいしいが、原価が安い)を

「おなかいっぱい」と同じようなテンションで言える人って実はそれほど多くないわけです。

ご相談者さま「肉食系のわりに」と書いてますが、肉食系は関係ない(笑)。むしろヤツらは直球の肉体的なアプローチでしょうよ。

まぁ女慣れしている人は、リップサービスでこの手の言葉から始めるよね。

「おっ、どうやら喜んでくれるぞ!」と。それで相手が喜んでくれるとなんだか自分もうれしい。いつしか、こういう言葉が息を吸うように言えるようになる、みたいな。

相手に物足りなさを感じてしまう理由

俺は男なんで、男目線で語ると、女性だってストレートに「あなたが好き」と「たっぷり愛情表現します!」が直結してる娘ばかりでは、ありませんでした。

あれー? そんな楽しくないのかな? とか、あんま俺のこと刺さってねーのかな?

と思っても誘うとノッてくるし、“次”があったりする。

いつからか彼女たちの心情が「嫌なら一緒にいないよ(来ないよ)」だったことに気付くことになります。

そう、誰にだって「嫌なら一緒にいないよ」というスタンスはあると思います。めっちゃ好きなわけじゃないけど、アリよりのアリ、みたいなね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング