冷凍マンゴーやトマトと一緒に。お手軽ヨーグルトレシピ4つ

ウートピ / 2019年8月2日 19時45分

写真

本格的な夏がやって来ました。天気予報を見るだけでも暑くてぐったりしそうな日々だからこそ、爽やかなヨーグルトレシピで涼を取るのはいかがでしょうか。

このたび、日本初上陸*の『ベルギーヨーグルトTM ピュアナチュール プレーン 砂糖不使用』と『ベルギーヨーグルトTM ピュアナチュール ブルーベリー』が8月1日に発売。販売元であるカネカ食品は、本商品を使用した夏を乗り切る簡単アレンジレシピを公開しました。

*製造は日本国内で行われています。

夏こそ食べたいヨーグルト

今回、アレンジレシピを考案したのは料理研究家の島本美由紀さん。島本さんは考案のポイントを次のように話します。

「夏に不足しがちなビタミン類などの栄養素を手軽に補給できるよう、少ない材料でさっと作れる夏向けのヨーグルトレシピを考案しました。カラフルな野菜やフルーツは、『ピュアナチュール』の濃厚でコクのある味わいとも相性抜群です。生乳本来の甘さやほのかな酸味を活かして、そのまま食べるだけではなく、加熱してさらに風味を楽しんだり、いつものデザートにちょい足しをしたりと、手軽に食卓で楽しんでみてください」

レシピ1:ひんやりマンゴーのヨーグルト

爽やかな酸味とマンゴーの冷たい食感がこれからの季節にピッタリです。

■材料
・「ピュアナチュール プレーン」1個
・冷凍マンゴー 50g

作り方:器に冷凍マンゴーとヨーグルトを交互に入れて盛り、 1番上に冷凍マンゴーを中央に乗せます。

レシピ2:ヨーグルトとチーズのスイーツトースト

相性の良いヨーグルトとチーズの組み合わせにアガベシロップ*でコクを加えました。 アガペシロップがなければ、はちみつやメープルシロップでも代用できます。

*アガベシロップとは…メキシコのリュウゼツランという植物から製造された自然の甘味料。血糖値の上昇率が穏やかといわれる低 GI 食品のひとつとして注目されています。

■材料
・「ピュアナチュール プレーン」 1/2個
・バゲット(3cm厚さの斜め切り)2枚
・ピザ用チーズ 10g
・アガベシロップ 適量

作り方:バゲットにヨーグルトを塗り、ピザ用チーズを乗せます。トースター(1000W)で表面に焼き色がつくまで焼き、器に盛りアガベシロップをかけます。

レシピ3:トマトのハニーヨーグルト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング