絶対失敗したくない! 美食の街・ラスベガスで最高の思い出をつくる簡単な方法

ウートピ / 2019年9月11日 20時45分

写真

観光やショッピングも楽しいけれど、旅の醍醐味といえばやっぱり、食事ですよね。

ラスベガスは、有名シェフが手がけるレストランをはじめ、バフェ(ビュッフェ)やカジュアルなお店も集まる「美食の街」でもあるんです。でも、初めて行く場所なのに選択肢が多すぎるのは困っちゃいますよね。言葉も文化も違う中で、予約をしてドレスコードの有無を気にしつつ、スマートに食事を楽しむなんてちょっとハードル高め……。

そこで今回は、オススメのフーディーツアーと、Y子が気に入ったお店を紹介します。

ガイドと一緒にダウンタウンのグルメスポット巡り

絶対失敗したくないなら、ガイドオススメの飲食店を回ることができる「Lip Smacking Foodie Tours(リップスマッキングフーディーツアー)」がイチオシ。今回私たちは、「ダウンタウン リップスマッキングツアー」に参加2時間半ほどの時間をかけてダウンタウンにある4軒のレストランやバーを回る食のツアーです。

・地元を知り尽くしたガイドが選ぶイチオシのお店に行ける
・メニューが読めなくても、ちゃんと名物料理を味わえる
・すべてのレストランで席が確保されているので、並ばずに済む
・税とチップは参加料に含まれているので、計算に困らない

など、ツアーにはメリットがたくさん。それでは実際に巡ったお店を紹介していきましょう。

CARSON KITCHEN

最初に案内されたのは、「CARSON KITCHEN(カーソンキッチン)」。ここは、モーテルだった建物を再建してできた場所だそう。

各レストランでは3から4つの特製料理が提供されます。ここでは、仔牛のミートボールやデビルズエッグなど数種類の定番料理を少量ずついただきました。

仔牛のミートボールは、今まで食べたことのない味わいで、ちょっと舌が驚きましたが、こんな挑戦ができるのもフーディーツアーならでは。

Therapy

2軒目に案内された「Therapy(セラピー)」は、99セントストアだった場所を改装したレストラン。1軒目もそうでしたが、そのお店の成り立ちが聞けるのが面白いです。

チキンのミートボールや、チキンを赤いワッフルに挟んだものなど、ここでも定番メニューをいただきました。少量とはいえ、バラエティに富んだメニューがいいタイミングで出てくるので、満足感がすごい。あと2軒もあるなんて!

INSPIRE

と、胃袋が心配になってきたところで、カクテルタイム。3軒目は、バー「INSPIRE」へ。ルーフトップバーから、ダウンタウンの街を見下ろします。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング