睡眠不足で15兆円の経済損失!? ソーシャル・ジェットラグが与える影響

ウートピ / 2019年9月16日 11時45分

写真

睡眠不足で体調不良になるのはわかるけど、休日に十分睡眠をとったにもかかわらず、なぜか月曜日の朝から体がだるい……、そんな悩みを抱えている人は少なくありません。その原因のひとつとして、知っておきたいのが「ソーシャル・ジェットラグ」です。

ソーシャル・ジェットラグ とは、“平日と休日の就寝・起床リズムのずれ”を、学術的に呼んだもののこと。

第2回では、ソーシャル・ジェットラグによるさまざまな影響についてお話を伺いました。

15兆円の経済損失!?

——ソーシャル・ジェットラグになると、時差ボケのような症状の他に、どんな影響があるのでしょうか?

岡島義さん(以後、岡島):抑うつ状態が続き、やる気や集中力、思考力の低下などにつながります。当然、パフォーマンスは落ち、仕事や学業の成績は低下します。また、肥満や生活習慣病になる確率も高いと言われています。

ソーシャル・ジェットラグだけの影響ではありませんが、寝不足と肥満には関連性があることはすでに実証されています。起きている時間が長いので食べ過ぎてしまう、重いものを夜遅くに食べるので脂肪になりやすいといったことが原因です。ソーシャル・ジェットラグの人には慢性的に寝不足の人も多いので、肥満になりやすい傾向があります。

——肥満と寝不足の関連性については聞いたことがあります。

岡島:睡眠に関連しておもしろい研究発表があります。アメリカのランド研究所がDGPから算出した数字なのですが、睡眠不足がもたらす日本の経済損失は、なんと年間15兆円にもなるそうです。タバコの害による経済損失が約2兆円と言われているので、禁煙に力を入れるより、睡眠不足を減らしたほうが、断然日本の経済にはプラスになるわけです。

——15兆円ですか! もはや国レベルで取り組むべき問題ですね。

岡島:本当にその通りです。ソーシャル・ジェットラグを減らしたら、どれだけの経済効果があるのか、見てみたいものです。

子どもは大人以上に睡眠が大切

——若いうちから睡眠に気を使うことは、大人になってからの心身にも影響があるのでしょうか?

岡島:多少なりとも影響はあるでしょうね。世界的に見ると、学校教育の一貫として睡眠教育を行なっている先進国は多く、小さい頃から睡眠時間をしっかりとることの重要性を学んでいます。

とくに子どもの場合、大人以上に睡眠は大切。睡眠時間が足りていないと、衝動性や多動性が上がると言われています。理由もなくイライラする、「キレやすい」子どもが増えたのも、ソーシャル・ジェットラグや寝不足と関連している可能性は高いと思います。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング