ジムのインストラクターでも残暑に「自宅熱中症」…内科医に聞く、原因と対策

ウートピ / 2019年9月17日 21時50分

写真

ひとり暮らしの女性が、自宅の部屋で熱中症で倒れた事例を紹介しています。これまでに、次の記事で、室内で注意する場所とその理由、ひとり宅飲みの熱中症の危険性などについてお伝えしました。

熱中症は自宅で起きている…内科医が答える傾向と対策
家飲みビールで「ひとり暮らし自宅熱中症」に…内科医が教える予防のポイント

どちらも多くの方に読まれています。「残暑のころはもちろん、大雨や台風後のフェーン現象による酷い暑さに見舞われやすい9月も注意が必要」と話すのは、内科医で泉岡(いずおか)医院(大阪市都島区)の泉岡利於(としお)院長。ひきつづき、熱中症の体験談に、解説とアドバイスをお願いしました。

9月は台風や大雨で室内も高温、高湿度が続く

泉岡医師はまず、残暑の時期の熱中症について、次のように注意を呼びかけます。

「9月になると冷房をオフにする人が増えますが、都心部の街中では、昼間は夏真っ盛りというほど高温、高湿度が続きます。朝晩は8月より少し不快感が軽減されますが、同時に、朝と昼の気温差が大きくなるため、自律神経のバランスが崩れて夏の疲労症状が現れる時期でもあります。意外に思われるかもしれませんが、真夏を乗り切った後の残暑のころに、夏バテ、熱中症、過労に陥るケースは多いのです」

これまでの記事でくり返し述べていますが、熱中症で救急搬送された人の発症場所は、「住居(敷地内含む)」の割合が例年約40~50%。道路や交通施設、公園、会社などに比べてもっとも多い」ことが消防庁によって報告されています。

台風や長雨、大雨だと自宅ではすべての窓を閉め切って過ごし、天気が回復した後は空気の入れ替えで窓を開放します。9月はその状態をくり返すことが増えます。

泉岡医師は、「窓を閉めているときはもちろん、明けていると熱風と湿気が室内に入ってきますから、冷房を入れないと室内温度が上昇して危険です。内科の現場では、救急搬送されない軽症や中等度の熱中症、夏バテ疲労は数知れません。これまで、日本の暑さは彼岸までと言われてきましたが、近ごろの天候からして、都心部では5月の連休から10月下旬ぐらいまで注意が必要というのが現実です」と話します。

熱中症の知識には詳しいはずが…まさかの発症

次に、女性読者の経験談と、泉岡医師による解説をご紹介しましょう。

Ⅾさん 31歳 スポーツジムインストラクター
運動が好きでいまの職業に就いています。職場で熱中症対策の研修は何度も受けていますし、学生時代からスポーツ部だったのでケアには詳しいと思っていました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング