美に浸りすぎて疲れたとき「全員美人」だと気づいた【長田杏奈】

ウートピ / 2019年9月24日 20時45分

写真

自分の持つ魅力(特に容姿に関して!)をポジティブに語るのは難しい……と感じている人は多いのではないでしょうか。

「だったら、外見をみがく努力すればいいんじゃないの?」と、美にまつわるコンテンツは時に私たちを息苦しくさせます。その居心地の悪さを超えて、私たちが「私は私でいい」と思うにはどうしたらいいの?

長年女性誌を中心に美容記事を担当し、初の単著『美容は自尊心の筋トレ』(Pヴァイン)を上梓した、ライターの長田杏奈(おさだ・あんな)さんに聞いてみました。

「美容」の2文字の圧

——『美容は自尊心の筋トレ』、女性に美しくなることを強いるのではなく、「セルフケア」の大切さを教えてくれる優しい本でした。はじめに、で長田さんは、ご自身の「美容ライター」という肩書きに対する葛藤も書かれていますね。

長田杏奈さん(以下、長田):肩書きについては、約15年間、美容に関する記事を書いてきて、はじめは「美容ライター」を名乗れることが嬉しかったんですけど、警戒されてしまう場面も多いな……と感じるようになって。

——警戒?

長田:目の前に「美容ライター」が現れた! さあ、一体どんなダメ出しをされるのか……という感じというか。瞬時に「人を見た目でジャッジする側の人間がやってきたぞ!」という誤解が生まれてしまうように思いました。私自身は、プライベートの場で、人を見た目だけでジャッジすることなんてありません。でも、それだけ「美容」という二文字の圧は強いんだろうなと。

——たしかに、美人じゃないと「美容」を語っちゃいけないとか、きちんとした生活をしている人の特権のようなイメージもあります。

長田:私自身、ずっと美容記事を書いているけど、じゃあ美容がきっちりできているかというと、そんなことはない。ライターの生活って地味でハードなものなんですよ。美容に対する誤解を解いて、自分自身がラクになりたい気持ちもありました。

——美容に対するコンプレックスがある人を救ってあげよう、みたいなことではなくて?

長田:はい。大勢の人に届けたいとか、誰かを救いたいというよりも、ぼんやりと「めちゃくちゃ頑張っているのに自信が持てないあの子を、ちょっとでもラクにしてあげたいな」と何人か知人の顔を思い浮かべながら書きました。ちょっとおしゃべりするだけでは、伝えきれないことをすべて詰め込みました。

美に浸かりすぎて不安になった

——でも、結果的に本作は、売り切れ続出で、早いスピードで重版がかかるなど、多くの人に届いて、話題となっています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング