東京メトロ主催の「鉄コン」に行ってみた! 男女1,000人参加のイベントで、30代オンナの運命は……?

ウートピ / 2014年9月19日 18時0分

写真

東京メトロ主催の「鉄コン」に行ってみた

東京メトロと埼玉高速鉄道主催の「鉄コン in 浦和美園」が9月13日、開催された。駅のポスターや電車の中吊り、HPで告知され、20代以上の男女1,000人が参加。メジャー鉄道会社の大規模婚活パーティーだし「恋のダイヤは、まだ未定」というキャッチコピーもシャレてる! ということで、非・鉄オタ「恋の列車は運休中」の30代女性2人で乗り込んでみた。

街コンの必須「モテ服」「LINE」「アレンジネーム」

今回、一緒に同行した友人は、関東近郊在住30代女性。街コン・合コン・お見合いなど合わせて100戦以上の猛者だ(以降、婚活師匠と呼ぶ)。

大人の出会いを求める婚活師匠は、黒いクロップドパンツ、シフォンブラウス、ブラウンのカーディガンにローヒールという落ち着いた出で立ち。

婚活パーティー初心者の私は、みんな大好き「金麦」の檀れいを意識した白シャツ、紺色のプリーツスカート、ピンクのセーターをチョイス。真面目な人との出会いを期待してのファッションだが、婚活師匠の評価は「まあ普通」とのこと。

婚活師匠曰く「万人にモテたいなら、迷わずモテ服」。赤など華やかな色のカーディガン、オフホワイトのシフォンブラウス、フレアのミニスカートにローヒールは、絶対にモテるとこのと。街コンで幅広く出会いを求める人は迷わず着るべし。

また必須なのがLINE。気軽に連絡先が交換できるし、いざとなったら連絡をぶった切ることも可能。LINEに加入していない私に婚活師匠は「何をしにきたのかわからない」と辛口コメント。たしかに素敵な人がいても、メアドを読み上げるというお寒い状況になる。

また当日会場で、胸に自己紹介シールを張るのだが、ここでも初心者は律儀にフルネームを書くという大きなミスを。「カップル成立後を考えて偽名はNG。でもトラブルもあるので、ニックネームで対応すべし」とのこと。確かに会場には「まなまな」「ゆりchan」など、アレンジネームが多数。

フリータイム多め! 参加者まかせの自由すぎる鉄コン

会場には丸テーブルごとに「日比谷線」「南北線」などのトークテーマが貼られており、そこで盛り上がってくれという趣向。なかには「ホームドア」「トンネル」「直通」などマニアックなテーマも。そこにはちょっとしたトリビアとクイズが書かれており「え~、なんだろう……」と女の子がモジモジしていると鉄オタ君が「それはですね!」と解説に入るという流れだ。

ウートピ|オンナ目線のニュースサイト

トピックスRSS

ランキング