イ・スジン監督「ハン・ゴンジュ」 ロッテルダム国際映画祭で最高賞

Wow!Korea / 2014年2月3日 10時38分

イ・スジン監督「「ハン・ゴンジュ」のワンシーン

イ・スジン監督の映画「ハン・ゴンジュ」が「第43回ロッテルダム国際映画祭」で最高賞であるタイガー賞を受賞した。

3日、映画祭の公式サイトによると「ハン・ゴンジュ」と共に日本映画「山守クリップ工場の辺り」、スウェーデン映画「Something Must Break」が受賞したという。

オランダ・ロッテルダムで開かれる同映画祭は、サンダンス映画祭と並ぶ権威ある世界独立映画祭で、2作品以下の映画を制作している新人監督へタイガー賞が贈られる。

韓国監督のタイガー賞受賞は、ホン・サンス監督のデビュー作「豚が井戸に落ちた日」(1997)、パク・チャヌク監督の「嫉妬はわたしの力」(2003)、ヤン・イクジュン監督の「息もできない」(2009)、パク・チョンボム監督の「無産日記」(2011)に続き5作品目となる。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング