パク・ギョングン監督「鉄の夢」など、ベルリン映画祭「NETPAC」受賞

Wow!Korea / 2014年2月18日 8時58分

ドキュメンタリー「鉄の夢」

パク・ギョングン監督のドキュメンタリー「鉄の夢」とチョン・ユンソク監督の「ノンフィクション・ダイアリー」が「第64回ベルリン国際映画祭」でネットパック賞(NETPAC)を受賞した。

2作品は、新人作家発掘に貢献しているフォーラム部門へ招待され、NETPACは最高のアジア映画に贈られる。

「ノンフィクション・ダイアリー」は、1990年代の大きな社会的イシューを通して社会の上部構造を暴く作品。釜山国際映画祭では最優秀ドキュメンタリー賞であるBIFF Mecenat賞を受賞した。

一方「鉄の夢」は、韓国産業化を鉄の観点から見せたドキュメンタリー映像。パク・ギョングン監督は鉄を通して韓国の近現代史をリアルに見せた「清渓川メドレー」で2011年にもベルリン国際映画祭フォーラムセクションに招待された経歴をもつ。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング