チョ・スミ&イ・スンチョルら、ソチ五輪閉幕式で「アリラン」歌う

Wow!Korea / 2014年2月17日 15時28分

ソプラノ歌手チョ・スミ

在日韓国人でピアニスト兼作曲のヤン・バンオン(梁邦彦)をはじめ韓国を代表するソプラノ歌手チョ・スミ、歌手イ・スンチョル、ジャズ歌手のナ・ユンソンらが2014ソチ冬季オリンピックの閉幕式でステージに上がる。

4人は来る23日(現地時間)、閉幕式でオリンピック旗を次回開催国である韓国(ピョンチャン)へと手渡すセレモニーが終了した後、オーケストラと共に「アリラン」メドレーを歌う予定だ。

音楽界のある関係者は17日「2002年釜山アジアンゲーム主題歌『フロンティア』を制作したヤン・バンオン氏が音楽監督を務め、韓国の代表的なアリランと数曲をミックスしてクラシック風に編曲した。国内外で活躍するチョ・スミ、イ・スンチョル、ナ・ユンソンらがそれぞれソロパートを歌った後、全員で合唱する予定だ」とし「次の開催地である2018年ピョンチャン冬季オリンピックを広めるための公演となる」と説明した。

なお、ピョンチャン冬季オリンピック組織委員会は昨年末から同舞台のため公演曲と参加アーティストを選定し準備を重ねていた。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング