ベテラン女優ファン・ジョンスン死去

Wow!Korea / 2014年2月18日 13時32分

女優ファン・ジョンスン

闘病生活を続けていた元老女優ファン・ジョンスンが死去した。享年88歳。

2010年と昨年9月、持病で病院に入院しており、最近では療養病院で過ごしていたという。しかし、肺炎が悪化したためソウル市内の病院へ移り17日午後9時45分、入院中だった病院で息を引き取った。

15歳だった1940年、東洋劇場専属劇団「青春座」に入団。1943年「あなたと私」で映画にデビューしたファン・ジョンスンは演劇およそ200編、映画およそ350作品に出演し、典型的な韓国人の母親像を演じてきた。

代表作としては映画「キム薬局の娘たち」、「山火事」、「八道の山河」、「肉体の告白」などがあり、2006年に大韓民国芸術院会員となった。

2007年にはシン・サンウク監督とユ・ヒョンモク監督に続いて3人目となる映画人名誉の殿堂となり、昨年、大衆賞受賞式で功労賞を授与された。

なお、現在はソウル聖母病院内に安置されており、出棺は20日。遺骨は南楊州モラン公園内墓地に埋葬される。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング