視聴率対決、SBS「星から来たあなた」とキム・ヨナが圧勝

Wow!Korea / 2014年2月20日 10時1分

SBSドラマ「星から来たあなた」

ドラマ「星から来たあなた」と差別性のあるソチ冬季五輪フィギュアスケート中継でSBSが視聴率対決に圧勝した。

20日、視聴率調査機関ニールセンコリアによると、19日午後11時から同日午前2時まで集計されたソチ冬季五輪フィギュアスケート中継の視聴率はSBSが全国基準12.6%、首都圏基準14.1%で地上波3社中1位を記録した。

MBCが9.6%(全国)、10.2%(首都圏)、KBSが7%(全国)、6.7%(首都圏)で後に続いた。

キム・ヨナ選手が出場する女子フィギュアスケートは今回、冬季五輪の中で唯一、放送局3社すべてが中継する競技だ。

SBSは、1990年代初めから国際スケート連盟から放送権を買い、毎回競技を中継してきた経験と長い間タッグを組んできたぺ・ギワンアナウンサーとコーチ出身の解説者パン・サンア氏に対する視聴者の信頼があった、と分析した。

一方、女子フィギュアスケート中継の前に放送されたドラマ「星から来たあなた」も自己最高の視聴率を記録した前回の放送から0.4%アップした27.4%(全国)、29.9%(首都圏)で最高視聴率を更新した。

なお、同時間帯に放送されたKBS「感激時代:闘神の誕生」は10.3%(全国)、MBC「ミスコリア」は7%(全国)と集計された。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング