<コラム>「少女時代」と「2NE1」、3週間の衣装代は?

Wow!Korea / 2014年3月2日 23時25分

グループ「2NE1」

「少女時代」と「2NE1」の同時カムバックで話題のK-POP界。音源公開とPV公開に続いて、3週間ほどの舞台活動がそろそろ始まる。

そこで、今回の舞台衣装も楽しみだ。この2つのトップ・グループの熾烈な競争だけではない。この先頭グループを追っている後発ガールズグループが、「セクシー大戦」ともいうべき現象を起こしているからだ。

年始め、後発の「Girl's Day」が従来の清純派路線を捨て、切れ目の深いタイトなロングドレス衣装で大ブレークしたかと思いきや、続く「RAINBOW BLAXX」や「AOA」、「Stellar」などのガールズグループは、さらにグレードアップした露出パフォーマンスで話題を集めた。

バンド系グループだった「AOA」に至っては、まさに「大変身」といえる変貌っぷり。

いわゆる「エロ・コンセプト」で、無名ガールズバンドからの一発逆転を果たしたのだ。

これを受けた「Stellar」も負けじとばかりに、前代未聞のレオダード・パンスト衣装で話題作りに成功。

「扇情性による青少年への悪影響」が問題視されながらも、「セクシー」や「エロ」というキーワードで、これまでに得られなかった人気と知名度を享受している。

そして、このキーワードを支えているのが彼女たちの「ステージ衣装」なのだ。

服飾業界において先進国の日本では、ドン・キホーテなどの量販店に行けば、安価な衣装が手軽に購入できるなどということもあって、後発アイドルたちはステージ衣装代にそれほどお金をかけていない。

しかしK-POP界では、無名であっても本格的にブレークを狙っている女性アイドルたちは「衣装コンセプト」にも相当な力を入れている状況。

過去には、韓国のアパレル卸業のメッカである「東大門市場」周辺で買い付けたり、ネットショップで仕入れたりするケースも多かったが、ガールズグループ競争の激化に伴って、今では自前の特注衣装を好む傾向があるようだ。

「Stellar」のレオダード衣装の場合も所属事務所のファッションディレクター・チーム4~5人で製作した衣装だという。

事務所の関係者も、「楽曲のリズムと振付に合わせながらボディーラインをよりキレイに見せるためには、やはりオリジナルデザインしかない。」と明かしている。

また、「Girl's Day」のタイトなロングドレスの場合は、ステージ衣装の専門業者に依頼して製作した模様。担当ディレクターは、「彼女たちは体の線が非常に細いので、市販のものだとボディーラインを強調することができない。最後は衣装のクオリティーによってステージが完成されると思っているので、今年からは100%自前衣装にしている。」と説明。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング