イ・ボヨン&チョ・スンウ主演「神の贈り物」 視聴率6.9%でスタート

Wow!Korea / 2014年3月4日 9時41分

イ・ボヨン&チョ・スンウ主演「神の贈り物」

イ・ボヨンとチョ・スンウ主演のSBS新ドラマ「神の贈り物-14日」が視聴率6.9%でスタートした。

4日、視聴率調査機関ニールセンコリアによると、3日夜10時に放送された同ドラマの視聴率は全国基準6.9%、首都圏基準7.2%と集計された。

これは、前作「温かい一言」の初回視聴率6.8%とほぼ同数、最終回の8.7%よりは低い数値だった。

過去や未来の出来事が現在に入り混じって起こるタイムワープ(時間歪曲)をテーマにしたミステリースリラー作品の「神の贈り物」は、初回で多くの人物と事件が交錯し、今後の展開に期待を抱かせた。

なお、同時間帯に放送されたMBC「奇皇后」は26.2%、KBS「太陽がいっぱい」は3.3%の視聴率を記録した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング