映画「ハン・ゴンジュ」、仏ドービル映画祭で審査員賞など3冠

Wow!Korea / 2014年3月10日 9時54分

映画「ハン・ゴンジュ」のワンシーン

イ・スジン監督の映画「ハン・ゴンジュ」が8日(現地時間)、フランス・ドービルで幕を下ろした第16回ドービルアジア映画祭で審査員賞を受賞した。

審査員賞は、最優秀作品に続いて2番目の賞に該当する。

また、「ハン・ゴンジュ」は国際批評家賞、観客賞も同時受賞し、3冠王に輝いた。

同作品は、予想もしなかった事件で友人を失い、転校することになったハン・ゴンジュが直面する成長の痛みを描いた作品。

イ・スジン監督は同映画で、先月にはサンダンス映画祭に次ぐ権威をもつ世界独立映画祭であるロッテルダム国際映画祭で最高賞であるタイガー賞を受賞。これより前に昨年末には、マラケシュ国際映画祭で大賞である金星賞を受賞した。

フランスの代表的なアジア映画祭であるドービルアジア映画祭は、韓国と縁が深いことでも知られる。昨年、同映画祭では俳優であり監督のユ・ジテが手掛けた初の長編演出作「マイラティマ」が審査員賞を受賞。この他「息もできない」や「坡州」、「甘い人生」、「ザ・ チェイサー」など数編も韓国映画が同映画祭を通じてヨーロッパに紹介された。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング