イ・ムンセ、蚕室で1年間の全国ツアーラスト飾る

Wow!Korea / 2014年3月11日 7時58分

イ・ムンセ

男性歌手イ・ムンセが、1年間繰り広げてきた全国ツアー「大韓民国イ・ムンセ」のラストを飾るステージをソウルで開催する。企画会社ムブンが9日、明らかにした。

昨年6月、ソウル蚕室総合運動場オリンピック主競技場で5万人の観客を動員して初公演を行ったイ・ムンセは、来る5月17日、蚕室総合運動場内野外公演場で「大韓民国イ・ムンセ-サンキュー」というタイトルで全国ツアーを締めくくる。

彼は、昨年デビュー30周年に合わせてソウルを皮切りに江陵(カンヌン)、仁川(インチョン)、昌原(チャンウォン)、全州(チョンジュ)、大田(テジョン)、水原(スウォン)、蔚山(ウルサン)、議政府(ウィジョンブ)、安東(アンドン)、光州(クァンジュ)、釜山(プサン)、高楊(コヤン)、大邱(テグ)、浦項(ポハン)、富川(プチョン)、順天(スンチョン)など全国で公演を行ってきた。

現在、来る15日の晋州(チンジュ)に続いて済州(チェジュ)、安養(アニャン)、慶山(キョンサン)、清州(チョンジュ)、原州(ウォンジュ)での残る公演を控えている状態だ。

企画会社側は「イ・ムンセの全国ツアーへ要請が続いており、5月まで公演を延長した」とし「2011~2012年『イ・ムンセ赤い夕焼け』コンサートでも100回公演という記録を打ち立て、観客と疎通してきたため、今回の全国ツアーも全国のファンから”ブランド公演”という評価をいただいている」と説明した。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング