ギタリスト キム・セファンのギター、ハリウッド・ロックウォークに展示

Wow!Korea / 2014年3月14日 11時58分

展示されているキム・セファンのギター

韓国バンド「N.EX.T」出身のギタリスト、キム・セファンのギターが世界ロックミュージシャンの聖地と呼ばれる米国ロックウォーク(Rock Walk)に展示されたことがわかった。

キム・セファンの電子ギターは先ごろ、米国ハリウッドギターセンター前「Walk of Fame」にあるロックウォークのガラス展示館に展示された。韓国人ギタリストでは初となる。

同展示館にはジミ・ヘンドリックスやジェフ・ベック、スティーヴ・ヴァイ、エディ・ヴァン・ ヘイレン、「メタリカ」のカーク・ハメットなど世界的なミュージシャンらが使用していたギターが写真と共に保管されており、“ギターの聖地”とされている。

キム・セファンは13日、聯合ニュースとの電話取材で「わたしのギターはエディー・ヴァンヘイレンやスティーヴ・ルカサー、カーク・ハメットなど、時代を代表する世界的ギタリストのギターと同じようにガラス展示館に展示された」とし「ギターが中心である米国ポップ市場で認められるきっかけになったようで、大変光栄に思っている」と気持ちを述べた。

彼は「今回、展示されたギターは日本の楽器専門企業ヤマハのもので、100年を超えるヤマハの歴史の中で初めてのことだ」と付け加えた。

1993年デビューしたキム・セファンはバンド「N.EX.T」や「Novasonic」で活動した有名ギタリストで、昨年米国ロックスターのジョー・リン・ターナーとシングル「フォーエバー」をレコーディングを行い話題になった。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング