パク・チニョン、2013年の著作権収入1位に=3年連続トップ

Wow!Korea / 2014年4月8日 17時52分

パク・チニョン

歌手で音楽プロデューサーのパク・チニョンが、昨年の音楽著作権収入で1位となり、3年連続のトップとなった。

8日、韓国音楽著作権協会(会長:ユン・ミョンソン)が発表した「2013音楽著作権収入集計」によると、パク・チニョンはその年の音楽著作権収入が最も多い作曲家として調査されたという。2011年と2012年に続き、3年連続での1位となった。

協会は「2013年はK-POPが世界的にヒット記録し、アジアを超えて世界で活躍した年であり、パク・チニョン氏は多くのヒット作曲家とプロデューサーの挑戦のなかで1位を死守した」と説明している。

パク・チニョンはこれまでRain(ピ)、「Wonder Girls」、「2PM」、「2AM」、「Miss A」、「GOT7」などの歌手を発掘し、これまで約50曲をアジアで1位に押し上げた。また、日本の「SMAP」、中華圏の「F4」、米国のウィル・スミスなど海外アーティストのアルバムにも参加した。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング