ドラマ「太陽がいっぱい」 視聴率2.7%で終演

Wow!Korea / 2014年4月9日 9時47分

ドラマ「太陽がいっぱい」

KBS月火ドラマ「太陽がいっぱい」が低調な成績で終演を迎えた。

9日、視聴率調査機関ニールセンコリアによると、8日夜に放送された「太陽がいっぱい」最終回は全国基準2.7%、首都圏基準2.6%の視聴率を記録したという。

ことし2月にスタートし、初回視聴率の3.7%よりもダウンした数値で、前作「総理と私」の最終回視聴率(6.1%)の半分にも満たない数値となった。

KBS月火ドラマは昨年10月に終演した「グッドドクター」以降、「未来の選択」(最終回視聴率 4.1%)、「総理と私」に続き、「太陽がいっぱい」まで続く低調な視聴率で半年もの間、成績不振から抜け出せずにいる。

一方、同時間帯に放送されたMBC「奇皇后」は25.5%、SBS「神の贈り物-14日」もわずかに下落し8.9%と集計された。

なお、「太陽がいっぱい」の後続番組にはカン・ジファンとチェ・ダニエル、イ・ダヘらが出演する「ビッグマン」が放送される。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング