【速報】「超新星」ユナク日本映画「無花果の森」単独初主演! 完成披露試写舞台挨拶に登壇!

Wow!Korea / 2014年4月9日 17時8分

左からMiNo、「超新星」ユナク、原田夏希

超人気グループ「超新星」のリーダー、ユナクが単独初主演を果たした日本映画「無花果の森」が完成。

6月14日(土)の公開に先駆け、主演のユナク(「超新星」)が来日、4月9日(水)東京・五反田、ゆうぽうとにて「無花果の森」一般完成披露試写イベントの舞台挨拶にユナク(超新星)、ヒロインの原田夏希、主題歌を担当し、映画にも出演したMiNo、プロデューサーの丹羽多聞アンドリウの4名が登壇した。

直木賞作家小池真理子が、平成23年度芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した「無花果の森」(日本経済新聞出版社・刊)を完全映画化した本作で韓国人青年ヨンホを演じたユナクは「すごく、緊張しました。東京ドームで初めてライブするより、緊張しています」と緊張した様子であいさつした。

単独主演を果たしたことについて、メンバーからの反応を聞いてみると、「羨ましい!」と言われたと明かした。

また、ユナクは話題のラブシーンに触れ、「キスシーンの撮影前には頭の中にMilky way(「超新星」のファン)が見えました(笑)。色々な僕の魅力を感じて欲しいと真剣に決めた作品なので、理解してください」と呼びかけた。

最後に「今までのユナクとは違う魅力を感じてもらえると思うので、静かに見て欲しいです」と映画をアピールした。

詳しいレポートは後日掲載いたします。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング