【公演前レポ】「GOT7」は「2PM」以降6年ぶりに輩出した新人ボーイズグループ!

Wow!Korea / 2014年4月12日 20時50分

グループ「GOT7」

2014年1月20日に韓国でデビューしたJYPエンターテインメントの新人ボーイズグループ、「GOT7(ガットセブン)」が4月4日(金)、東京・両国国技館にて「GOT7 Showcase “1st Impact in Japan”」を開催。この日のショーケースには、多くのファンが足を運んだ。

JYPエンターテインメントから輩出されるボーイズグループは「2PM」以降、6年ぶり。「GOT7」は、ミニアルバム「Got if?」で韓国デビュー。リード曲の「Girls Girls Girls」はYoutube公開2日目に100万ビューをを突破し、さらにリリース3週間で米「ビルボードワールドアルバムチャート」1位を獲得。日本デビューに先立ち公式モバイルサイト「GOT7 Japan Official Mobile Site」を開設すると、オープンして間もなく驚異の1万人超えを記録。今年デビューしたばかりとは思えない人気を日本でも見せている。

先日開催された「M COUNTDOWN No.1 Artist of Spring 2014」でも、デビューアルバムのタイトル曲「Girls Girls Girls」を披露。強烈なビートのリズムに、耳にささるパワフルながらも軽快なラップが引き立つ曲で、観客を魅了した。また先輩である「2PM」との共演を果たし、話題を呼んだ。

JB(ジェイビー)、Mark(マーク)、Jr.(ジュニア)、Jackson(ジャクソン)、Youngjae(ヨンジェ)、BamBam(ベンベン)、Yugyeom(ユギョム)の7人からなる同グループは、JYPでは初めてヒップホップジャンルをベースにしており、韓国を中心に米国、香港、タイ出身の多国籍メンバーが集まって結成。“マーシャルアーツ・トリッキング”という武道の要素を盛り込んだアクションをベースに、ブレイクダンススタイルを融合させたダンスパフォーマンスを得意とするアイドルグループだ。

イベント開催前にはマスコミに対してフォトセッションタイムを開催、「GOT7」は明るい笑顔快く応じた。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング