【公演レポ】最強ビジュアル「M.Pire」、「この瞬間を忘れない! 」心を込めて作った新曲も初披露

Wow!Korea / 2014年4月22日 17時3分

グループ「M.Pire」

「M.Pire」が2014年4月17日(木)、渋谷・TSUTAYA O-Crestにて初のDVDマガジン、“「M.Pire」 DVDマガジン「Story#01」創刊記念TALK&LIVE”を開催。ライブ、トーク、ハイタッチ、撮影会まで盛りだくさんの内容でファンと触れ合った。

取材に訪れた夜の部は、開演前からファンの熱気に包まれていた。照明が消えると割れんばかりの大歓声。手作りのうちわやボードを手に、ファンの熱い視線がステージに注がれる中、M.Pireがブラックの衣装で登場。赤いライトに照らされて、デビュータイトル曲「君と友達になれなくて」を力強いダンスパフォーマンスでファンを魅了する。続けて、「Oh my mind」を今度はしっとりと歌い上げ、7人の厚みのあるハーモニーがファンの心に響いた。

ティオが「コジンマル」をソロで1曲聴かせると、今度はジェリとユスンがノリのいいラップ曲Supreme Teamの「テンテンテン」で盛り上げ、再び全員で東方神起の「Stand by U」を熱唱。そのイントロが流れた瞬間に歓声が起こり、一緒に口ずさむファンの姿も多く見られた。オープニングから立て続けに披露された5曲だけでも、彼らの持つ多彩な魅力と才能を十分にファンに印象づけた。

「M.Pire」は2013年8月1日にシングルアルバム「carpe diem」でデビュー。テヒ、ユスン、ハル、レッド、ティオ(T.O)、ジェリ、ルミンの7人からなり、「M.Pire」はミュージック(Music)とヴァンパイア(Vampire)の合成語で、「音楽を食べて生きるアイドル」という意味を持つ。デビューシングルのタイトル曲「君と友達になれなくて」は、新鋭プロデューサーチーム「4Miles」の手による作品で、ヒップホップをベースにしたダンスナンバーだ。2013年10月にルミンが加入し、続く2作目のミニシングル「New Born」も「4Miles」がプロデュース。タイトル曲の「カタクカタク(こっくりこっくり)」と、メンバーとして新しく迎えられたメインボーカルのルミンがソロで準備していた曲「Oh my mind」は、普段から親交の深い「JYJ」 のキム・ジェジュンが作詞作曲し、プレゼントした作品としても話題を呼ぶ。

MCが登場すると、「皆さん、お久しぶりです」「すごく会いたかったです。皆さんに会えて本当にうれしいです」など、それぞれ日本語であいさつ。テヒは「韓国でも5曲続けて披露する機会はなかったので今日このように披露することができてうれしい」と喜びを表現。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング