【公演レポ】「SUPER JUNIOR」ドンへとウニョク存在感あふれる最高のパフォーマンスで魅了!

Wow!Korea / 2014年4月26日 13時58分

左からウニョク、ドンヘ

4月19日(土)東京・国立代々木競技場第一体育館にて、日本最大級のファッション&音楽イベント「GirlsAward 2014 SPRING/SUMMER」が開催された。日本最大級のファッション&音楽イベントを『渋谷からアジアへ 。そして世界へ。』というスローガンの下に毎年開催し、今回で第9回目を迎える。

音楽にイマジネーションを与えるファッションの力。ファッションのポテンシャルを引き出す音楽の力。影響し合うふたつの世界を混ぜ合わせ、お互いの魅力を最大限に引き出す演出。いままで見たこともない新しい形での「ファッションと音楽の融合」。今回のテーマは「FROWER PALLET」。春の色は、花の色。パレットに絵具を落としていくように、鮮やかなつぼみが幕を開け、あたたかな風とともに、大地に色をつける。そんなテーマを象徴するような、春夏のコレクションを身に着けた爽やかなモデルたちがランウェイを彩り、今回も前回に引き続き豪華出演者が集結。

「夢みるアドレセンス」、YU-A、「X21」の3組のオープニングアクトに続き、トップバッター菜々緒の颯爽としたウォーキングで1st SHOWの幕が開いた。山田優、加藤夏希、中村アン、トリンドル玲奈、道端アンジェリカ、河北麻友子、山本美月、南明奈、 水沢アリー 、ヨンアなどテレビで大活躍の人気モデルを始め、総勢149名のモデルが登場した。

最初のパフォーマンスはマルチエンターテインメントグループとして大活躍中の「SUPER JUNIOR」の中から、ドンへとウニョクからなるダンス&ヴォーカルユニット「SUPER JUNIOR DONGHAE&EUNHYUK」。ドンへ&ウニョクのプロモーション映像がモニターに映し出されると、早くも会場のボルテージは急上昇。

2月26日にリリース、日本ではじめてとなるオリジナルアルバム「RIDE ME」の中から「MOTORCYCLE」で軽快にスタート。キレのあるダンスパフォーマンスに会場からは割れんばかりの黄色い声援が飛び交った。ファンの熱いコールに応えながらドンへとウニョクはメインステージから花道を歌いながら中央ステージへと移動。

ここで「こんにちは、僕たちは、スーパージュニ…『オ』です!」(ファンも「オ」の部分を一緒に叫ぶ)。「ウリヌン、スーパージュニ…『オ』!」(ファンは「ウリヌン、エルプエヨ!(私たちはELFです。)」)と毎回恒例の、ファンとのあいさつを交わした。「このような素敵なステージに出演できて本当にうれしいですね。」と、日本語を絞り出す姿にファンは「かわいい」との声が上がった。「今ふたりで僕たちのファーストアルバム『RIDE ME』を出して、日本全国でツアーをしているので、ここにいるみなさんもぜひ、遊びに来てください」と伝えた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング